否定的感情の目的

自分の考えが否定される、
抱いていたイメージが破られる、
自分のプライドが傷つけられる―
否定的感情になるのは決まってこのようなときです。

しかし、それだけではありません。
否定的な感情になるのは、自分を守るためなのです。

承認を得ようとしたり、
やれない言い訳をしたり、
人をコントロールしようとしたり、
嫌な現実から逃避する手段として使ったり、

自分は今、この否定的な感情で何を得ようとしているのか、
それを見ること、それに気づくこと。