GotoGoの「見るコト」

ブログの紹介です。
記事中の「注意」を「気づき」に替えれば、私が感じていることと一致すると感じました。

GotoGoの「見るコト」

—–

やはり、「見るコト」が核心であると思う。
無選択かつ完全なる注意が、今ここに在るかどうか?
私が毎瞬間死ぬコトによって、完全に生きているかどうか?

—–

見るコトを核心に置くのは、注意(attention)の魔法を確証するからである。

見れば終わるのである。
見れば解決するのである。

部分的で不完全な注意が、「問題」を創っているのである。
無選択かつ完全なる注意は、「問題」をその根底から解消する。

そして、無選択かつ完全なる注意は、あらゆる「幻想」に対して死ぬコトであり、
そうして、今この瞬間を「ありのまま」に生きるのである。

—–

注意が部分的で不完全であるコトと「分離した私」(エゴ)の顕われは同じコトだとわかった。
注意が部分的で不完全であるコトから、「(心理学的)時間」が生じ、「問題」が生じる。

しかし、「分離した私」(エゴ)を前提にした「努力」、注意が部分的で不完全であるコトを「問題」として「対象化」し、それを「修正」しようとする「努力」は、その「問題」を生じさせている同じエゴの運動の次元にある。

無選択かつ完全なる注意が在る時、私性(I-am-ness)は「ありのまま(What is)」と等化し、ただ歩く事さえも新鮮になる。