映画 『ブラザーサン、シスタームーン』

半年前に始めて見たときはピンと来なかったけど、先日、2度目に見たら面白かったです。

おそらく、現在の自分の境遇に重ねて見るから、面白いのではありましょうが。
以前、ある人に言われた言葉。

「世を捨てるだけではなく、世に捨てられなくては、本当に世を救うことはできない(ができる人間にはなれない)。」

を思い出します。

世を捨てるは、いわゆる出家、世の中を自分から見限って捨てること。
世に捨てられるは、世間(の人たち)から見下げられる境遇に落ちること。

『ブラザーサン、シスタームーン』

アッシジのフランチェスコ – Wikipedia

アッシジの聖フランシスコ(フランチェスコ)の魂

img_2