ガンガジの言葉

Amazonの『ポケットの中のダイヤモンド』ページの「homu13さん」レビューから

ガンガジの本からの引用部分。

—–

あなたの本当の姿、それは意識です。
感情でも思考でもありません。
これらは現れては消える覆いに過ぎません。
誕生し、しばらく存在し、そして死んでいきます。
意識は現れも消えもしません。
それは今ここにあります、それは今以外の時を知りません。

大人になるにつれ、私たちの知性は、「もし心を開いても安全なときがあるとしたら、それはいつなのか」を知るために充分な情報を集めようと一種の警戒過剰状態を生み出します。
あなたの知性に情報を集めさせるのをやめさせましょう。
条件づけられた思考は、更にその条件を強めます。
あなたの知性をただその源に抱かせてあげましょう。

あなたの自己定義は、あなた自身ではありません。
それはただの思考です。
あなたの真実は思考されることはありません。
なぜならそれは思考の源だからです。
それはあまりにもあなたに近いところにあるので、
それが自分であるとあなたは信じられないのです。

真実を知りたい、という願望は、どうすれば真実を得られるか、そのための障害物を排除できるかという頭の中の概念に変化しがちです。
そして人は真実そのものよりもこの概念を崇拝し、信頼するのです。
真実についての理性による最新の解釈に頼る、堂々巡りの習慣と共に。

実は、あなたがネガティブな感情を本当に経験すると、それは消えてしまいます。
恐れ、怒り、悲しみ、絶望に対してあなたが本気で「いらっしゃい」と言い、
そしてあなたの心が本当に開かれていたならば、感情は湧き上がることはできません。
なぜならその瞬間、あなたはそれについて何の物語も語ってはいないからです。
恐れ、怒り、悲しみは、物語とつながっていなければ存在できないのです。

もしもあなたが心の底から真実や神を求めるならば、あなたはそれらが既にここにあることに気づくはずです。
それに気づかないのは条件付きでそれを求めているからなのです。
本当の自分でありたいけれど、それはあくまで自分の望むように、条件に従った形で…と考えているのではありませんか? 既にある、悟りについてのイメージを捨てましょう。

人は傷つくことが多々あります。
どれくらい「傷つきたいか」ではなく、どれくらい「傷ついてもいい」と思うか。
それはあなたがどれくらい愛から学ぶ意志があるか意味します。
愛はあなたの教師です。
あなたが傷つく原因はあなたが愛しているという事実です。
愛があなたを傷つけるなら、徹底的にズタズタに傷つきなさい。
真っ二つに引き裂かれた心から、もっと深い愛が姿を現すように。
愛にその身を委ねるとき、愛はあなたが誰であるかを教えてくれます。