上田三四二の歌と文

ここのところ、『短歌一生― 物に到るこころ』 上田三四二
と云う文庫本を夢中になって(研修中なので少しずつですが)
読んでいます。

図書館でリクエストして借りてみたのですが、10頁くらい眼を通して、
あまりの素晴らしさに、即、amazonの中古にて注文しました。

ため息が出るほど見事な美しい日本語の文章が、
密度、緊張感の途切れないまま、ずらっと続く、驚くべき内容です。
憧れるしかないですが、
これもまた倦まず弛まずの精進によって成り立っている文章なのでしょうね。

短歌論ですが、文章論であり、
私にとっては、見事な「修道論」です。

この歌が好きです。

ちる花はかずかぎりなしことごとく光りをひきて谷にゆくかも

—–

短歌鑑賞(上田三四二)  ちる花は~
http://blogs.yahoo.co.jp/jintoku510/42648049.html

松岡正剛の千夜千冊『短歌一生』上田三四二
http://www.isis.ne.jp/mnn/senya/senya0627.html

上田三四二 – Wikipedia

『この一身は努めたり』小高賢・著