いま、ここ

この「いま、ここ」に本当に満足でき(てい)ない人は、
その「いま」を「何時(いつ)」に変えても、
その「ここ」を「何処(どこ)」に変えても、
本当に満足できる(する)ときはない。

これは言い古された言葉ですが、絶対的な真実です。

故に「全身全霊全力」で、
いま、ここの、この自分に、立ってるしかない。

「全身全霊全力」で、いま、ここ、この事実に突っ立とうとする努力を
「修行」と呼ぶ。

その「今に居る」修行窮まり、どうにもこうにもならぬとき、
この私は「いま、ここ」には居れぬのだと分かったとき、
その挫折的了解の果てに、
すべては、常に/既に、今ここにあったのだと云うことを見出す。

「いま」ではない「何時か」、
「ここ」ではない「何処か」、
その実在しない頭の中の妄想の熄んだとき、
落ちどころ(残る場所)は、
この、始めからあった、「いま、ここ、この事実」しかないからです。