大平数子

あい

逝ったひとはかえってこれないから

逝ったひとは叫ぶことが出来ないから

逝ったひとはなげくすべがないから

生きのこったひとはどうすればいい

生きのこったひとは何がわかればいい

生きのこったひとは悲しみをちぎってあるく

生きのこったひとは思い出を凍らせて歩く

生きのこったひとは固定した面(マスク)を抱いて歩く

やかん

(原爆より三日目に吾が家の焼けあとに呆然と立ちました。)

めぐりめぐってたずねあてたら

まだ灰があつうて

やかんをひろうてもどりました

凸凹(でこぼこ)のやかんになっておりました

やかんよ

聞かしてくれ

親しい人の消息を

やかんがかわゆうて

むしょうに

むしょうにさすっておりました

—–

大平数子 詩集 抜粋 – あつし@草莽 日記
http://d.hatena.ne.jp/elkoravolo/20101111/1289460131

伝言ヒロシマ2002

吉永小百合~言葉で紡ぐ、平和への願い
http://yuuyuukandai.at.webry.info/200708/article_15.html

NHK教育Q~わたしの思考探究~「幸せを感じる社会とは」・愛と正義