二宮尊徳の歌

音もなく香もなく常に天地は 書かざる経をくりかへしつつ

見渡せば迷ひ悟りはなかりけり 己おのれが心にぞある

夕立にふりこめられて耕せば 青天井を開き給わる

山の高く見ゆるうちは勤めてのぼるべし。
登りつきれば、ほかに高き山はなく、四方とも眼下なるがごとし。
この場にいたって仰ぎていよいよ高きは、天のみなり、
ここまで登るを修行という。

報徳日めくり
http://plaza.rakuten.co.jp/jifuku/diary/200906040000/

二宮尊徳『二宮翁夜話』(巻之一~巻之五)
http://www.geocities.jp/sybrma/31ninomiyaouyawa.html