不安、恐怖に学ぶ

善性は、恐怖の及んでいる場では開花できません。
実にさまざまな恐怖が、直接的な恐怖や未来への多くの恐怖があります。
恐怖は概念ではありません。
しかし恐怖についての説明は概念的ですし、
その説明は学者によって、あるいは知識人によってそれぞれ異なります。
説明は重要ではありません。
〈あるがまま〉が重要なのであり、
恐怖という事実に直面することが重要です。

クリシュナムルティの智慧
http://krishnamurti.g.hatena.ne.jp/sessendo/