無いものねだり(不満・怒り)と、あるもの探し(満足・感謝)

ないものねだりをするよりも、今(既に)あるもの(与えられているもの)に目を向け、
それに感謝する。

そのとき、人の心は磨かれ、人として成長し、その器は大きくなる。
決して、それは消極的な、弱い生き方ではない。

—–

生きることに大事なのは、計画性と即興性のバランス。
自分が進みたい方向性は誰にでもある。

でも、その計画したものにとらわれ過ぎず、
その場その場を即興で、臨機応変に歩んでいく。