末期の修行

民間療法に走った人が気の毒なのは、「死の受容」という、一人の人間にとって最も重要な人生末期の精神的成長の機会を奪われてしまう、という点だ。

人間は、いつかは必ず死ぬのであり、正統な治療のすべてを尽くして治療の見込みがなくなったときは、死が遠くないことを悟る重要な契機となる。(略)

民間療法に頼って、偽の希望を抱いて人々は、この大事な期間を持つことなく死に直面する。

死んでいく本人も締めくくりのない最後になり、残される家族も別れの挨拶をしなかった、と云う思いを残すことが多い。

—–

『良く死ぬことは、良く生きることだ』 千葉敦子著より