上田三四二の歌

睡りとはからだを神にかえすこと

     こころは夢ににごりてあれど