何事も良い方に判断するということ

何事もよい方に判断するということ。これがどんなに困難なことか。
私のような下根の者には、この一事に生涯を賭けても、尚むつかしいと思われる。
それほど私の心は汚れ切っている。
一つの物事をすぐ悪い方へ解釈したがる。他人を疑う。他人を信じない。徒に他人を恐れる。

                上村秀男 『歩むもの』から