アシュターヴァクラ・ギータ

『アシュターヴァクラ・ギータ』からの(細かい言葉使いなど)かなり適当な抜粋要約です。

—–

貴方(の本性)は純粋な気づき。

貴方は全てのなかに流れ、
全てが貴方のなかを流れている。

全ては私のものであり、
何一つ私のものではない。

なぜなら、真我は純粋な気づきに他ならないから。

賢い人は、全てが彼自身のなかにあり、
彼自身が全てのなかにあることを知っている。

智慧ある人は真我を知って、人生と云うゲームを楽しむ。
愚かな人は、重荷を背負うロバのように、この世を生きる。

何と彼は稀有な存在だろう。
自身が真我であることを知り、
ものごとが起こるにまかせ、行為する。
そして、決して恐れを知らない。
彼は自分が「二の無い一なるもの」、
全創造物の主である真我であると知っているのだ。

喜びや悲しみ、希望や絶望、生や死を通り抜けようと、
貴方は、変わることのない一なるもの、
貴方は常に満たされている。

私は、気づきそのもの、
それ以外の何ものでもない。

世界はマジックショー。
だが私には、
何ひとつ受け容れるものはなく、
何ひとつ手放すものもない。

全てのものごと(苦しみ)は立ち現れ、移り変わり、過ぎ去っていく。
それに気づけば、何も貴方をかき乱し、傷つけるものはなく、
全てのなかに私は在る。
それに気づけば、全ての想いは消える。