正しいグルの選択

質問者 私は正しくグルを選択しなければなりません。

マハラジ
正しい人でありなさい。
そうすれば正しいグルがかならずあなたを探しだすだろう。

質問者 あなたは私の質問に答えていません。どのようにして正しいグルを見いだすのでしょうか?

マハラジ
だが、私は質問に答えたのだ。
グルを探してはならない。
考えさえしてはならない。
あなたの目的をあなたのグルとしなさい。
結局のところ、グルとは終焉そのものではなく、終焉への道なのだ。
あなたにとって重要なのは彼ではなく、何を彼から期待するかだ。
さて、あなたは何を期待しているのだろうか?

(中略)

あなたはあなたに奇跡を起こすためにグルが必要だと言う。
あなたは言葉で戯れているだけだ。
ロウソクと炎のように、グルと弟子はひとつの単一体なのだ。
弟子が誠実でないかぎり、彼を弟子と呼ぶことはできない。
グルがまったくの愛であり、献身的でないかぎり、彼をグルと呼ぶことはできない。
偽りではなく、ただ実在だけが実在を生みだすことができるのだ。

『私は在る』(p447-449) http://tinyurl.com/s747u

—–

『アセンション館通信』2011/10/23(第394号) http://now.ohah.net/pari/ より