クリシュナムルティの言葉

瞑想とは精神を一切の不正直から自由にすることである。
不正直の原因は思考にある。

正直になろうとする思考の試みは、何かとの比較による相対的なものであり、
それゆえ不正直をまぬがれない。

一切の比較は逃避の過程に他ならず、それゆえ不正直を生むのである。
正直とは不正直の対極にあるのではない。

それは何らかのパターンに従うことではなく、
あるがままの実相を全的に理解することである。

そして瞑想とはそのような正直さの、沈黙における運動である。

「クリシュナムルティの言葉」への1件のフィードバック

  1. 意識の深いところでこれだけ浸透した言葉はありません.

    出会えて感謝します.

    クリシュナムルティ

    ありがとうございます

コメントは停止中です。