さとりの扉

さとりへの扉、秘儀参入への扉は、
いま、ここの、このつまんない私の現実、感覚、痛み、イライラ、それらにしかない。

「私」と云う人型をした扉から入るしかない。