KENTO & CanDoo


この2人組の面白いのは、それぞれ全く体癖と云うか、得意な体の使い方・タイプが違っていて、同じ振りをしていても、動きの解釈が違うので、全然違う意味の動きになっているのですが、にも関わらず、互いに優劣の無い、バランスのとれた良いコンビである、と云うところです。

ひとりは、どちらかと云うと脂っこい、ホスト的な粘りとうねりのある動き、
もう一人は、非常に淡白で端正な、あっさりした動き、
その二人が一緒に踊っているのが面白いです。

特に、KENTO氏の腕の動きの美しさは絶品だと思います。
あと、この方の動きには、自分のボディワークの先生である、京都の曾我さんの動きに似た質のものを感じます。
もし今、ダンスを習える機会が持てるなら、私はKENTOさんに習いたいと思いますね。
とてつもないレベルの動きを、普通に笑いながらこなすのを見ていると、ちょっとゾッとしますが。
何十回も集中して繰り返し見ていると、この人たちがやっていることの「怖ろしさ」が徐々に理解できてきます。