人生の指針となる本

『森信三 一日一語』 寺田 一清

上記本が40代に入ってからのオススメとしたら、こちらは、これから社会に出て仕事をする、20代前後の方に薦めたい本。

『未来を拓く君たちへ』 田坂 広志 (PHP文庫版)

『未来を拓く君たちへ―なぜ、我々は「志」を抱いて生きるのか』 田坂 広志 (単行本)

これは、研修者の方が申込書のなかで書かれていたので興味を持って購入してみた本なのですが、なるほど、読むヒトの心を掴む、素晴らしい内容でした。