森 信三『一日一語』 1月

 一月一日
「人生二度なし」 これ人生における最大最深の真理なり。

 一月二日
つねに腰骨をシャンと立てること―
これ人間に性根の入る極秘伝なり。

 一月三日
天下第一等の師につきてこそ
人間も真に生甲斐ありというべし。

 一月四日
逆境は、神の恩寵的試練なり。

 一月五日
絶対不可避なる事は絶対必然にして、これ「天意」と心得べし。

 一月六日
一日不読 一食不喰。(一日読まざれば、一日食らわず)
書物は人間の心の養分。
読書は一面からは心の奥の院であると共に、また実践へのスタートラインでもある。

 一月七日
求道とは、この二度とない人生を如何に生きるかーという根本問題と取り組んで、
つねにその回答を希求する人生態度と言ってよい。

 一月八日
これの世の再び無しといふことを 命に透(とほ)り知る人すくな
これの世に幽(かそ)けきいのち賜たびたまひし 大きみいのちをつねに仰ぐなり

 一月九日
「天地始終なく、人生生死あり」―
これは頼山陽の十三歳元旦の「立志の詩」の一句ですが、
これをいかに実感をもってわが身に刻み込むかが我々の問題です。

 一月十日
幸福とは求めるものでなくて、与えられるもの。
自己の為すべきことを人に対し、天からこの世において与えられるものである。

 一月十一日
一切の悩みは比較より生じる。
人は比較を絶した世界へ躍入するとき、始めて真に卓立し、
所謂「天上天下唯我独尊」の境に立つ。

 一月十二日
悟ったと思う瞬間、即刻迷いに堕す。
自分はつねに迷い通しの身と知るとき、そのまま悟りに与(あずか)るなり。

 一月十三日
すべて手持ちのものを最善に生かすことが、人間的叡智の出発と言える。
教育も、もとより例外でない。

 一月十四日
「行って余力あらば文を学ぶ」(論語)
つまり学問が人生の第一義ではなくて、生きることが第一義である。

 一月十五日
人間は一生のうち、何処かで一度は徹底して「名利の念」を断ち切る修業をさせられるが良い。

 一月十六日
信とは、人生のいかなる逆境も、わが為に神仏から与えられたものとして回避しない生の根本態度をいうのである。

 一月十七日
五分の時間を生かせぬ程度の人間に、大したことは出来ぬと考えてよい。

 一月十八日
やらぬ先から「○○をやる」という人間は、多くはやり通せぬ人間と見てよい。

 一月十九日
健康法の一つとして「無枕安眠法」―夜寝るさいに枕をしないで寝ること。
これで一日の疲れは一晩で除(と)れる。

 一月二十日
ご飯が喉を通ってしまうまでお菜を口に入れない―
これ食事の心得の根本要諦である。 (―飯菜互別食法―)

 一月二十一日
実行の伴わない限り、いかなる名論卓説も画いた餅にひとし。

 一月二十二日
「朝のアイサツは人より先に!!」―
これを一生続けることは、人として最低の義務というべし。

 一月二十三日
金の苦労を知らない人は、その人柄がいかに良くても、どこかに喰い足りぬところがある。
人の苦しみの察しがつかぬからである。

 一月二十四日
電話ほど恐ろしいものはない。
というのも聞こえるのはただ声だけで、先方の表情や顔つきは一切分からぬからである。

 一月二十五日
いかなる人に対しても、少なくとも一点は、自分の及びがたき長所を見出すべし。

 一月二十六日
上役の苦心が分かりかけたら、たとえ若くても、他日いっかどの人間となると見てよい。

一月二十七日
ハガキの活用度のいかんによって、その人の生活の充実さが測定できると言えよう。

 一月二十八日
「一日は一生の縮図なり」―
かく悟って粛然たる念いのするとき、初めて人生の真実の一端に触れむ。

 一月二十九日
一つの学校の教育程度を一ばん手取り早く、かつ端的に知るには、
子供たちのクツ箱の前に立って見るがよい。(家庭もとより同様)

 一月三十日
相手の心に受け容れる態勢ができていないのにお説教するのは、
伏さったコップにビールをつぐようなもの―
入らぬばかりか、かえって辺りが汚れる。

 一月三十一日
しつけの三大則。
一、朝のあいさつをする子に―。それには先ず親の方からさそい水を出す。
二、「ハイ」とはっきり返事のできる子に―。
それには母親が、主人に呼ばれたら必ず「ハイ」と返事をすること。
三、席を立ったら必ずイスを入れ、ハキモノを脱いだら必ずそろえる子に―。