頼む

人は窮すれば人に頼む。
人の救助(たすけ)を得て窮地を脱せんとす。
そして人の援助の絶えし時に行き詰まりたりと云う。
彼は己に祈祷の特権あるを忘れてるからである。
何が無くとも祈る心は有る。
是さえあれば我に万物ありである。

(内村鑑三)