『進化―生命のたどる道』

『進化―生命のたどる道』 カール・ジンマー

図書館で借りてきて読んでいるところですが、この本、素晴らしいです。

1、原書の内容が素晴らしい。盛り沢山で、読み応えある。面白く詠ませる工夫が随所にある。
2、日本語の訳が自然で読みやすく素晴らしい。
3、造本が素晴らしい。
4、カラー図版が綺麗で楽しい。

などなど。

¥ 5,880の値段に見合うだけの内容です。

もうすぐ読み終わりますが、お腹いっぱいの感じで満足感あります。

> 本書の原題「The Tangled Bank」は「錯綜した土手」という意味で,ダーウィンの『種の起原』を締めくくる一節からきています.土手には,多様な姿かたちの生き物たちが,入り組んだ関係を互いに結びながら暮らしていますが,それらすべての生き物は,いくつかの法則によって生みだされたのです.その法則,すなわち進化のメカニズムを,抜群にわかりやすく解説するのが本書です.
> 姿かたちだけでなく,生き物どうしの関係も,同じ種の雌雄や親子の関係も進化の産物です.病気さえも進化が深く関わっています.人間とはどういう存在なのかという究極の疑問にも,進化の観点から答えることができるでしょう.
> 著者ジンマーは,専門家も信頼を寄せる人気サイエンスライター.日本語版では独自に,一線で活躍する研究者13人の寄稿するコラムも加え,またとない進化入門となっています.