小さな窓

すぐれた作家は、高いところに小さな窓を持つ。
その世界をわたしたちが覗きみることができるように、物語を書いてくれる。
そういう作品は読者が背伸びしつつ中を覗くことを可能にしてくれる椅子のようなものだ。

藤本和子