『炭素文明論 「元素の王者」が歴史を動かす』

『炭素文明論 「元素の王者」が歴史を動かす』

良い本でした。
この本、面白いのは、出だしは「まあまあかな」と思わせといて、章が進むにつれて、えらく筆がのってくるところです。
最終章で、なるほど、と思わせます。

【書評】『炭素文明論 「元素の王者」が歴史を動かす』佐藤健太郎著 – MSN産経ニュース

書評:炭素文明論―「元素の王者」が歴史を動かす [著]佐藤健太郎 – 萱野稔人(津田塾大学准教授・哲学) | BOOK.asahi.com:朝日新聞社の書評サイト