研修の前に

* 以下、研修を考えておられる方への補足的な情報です。


まずは、クリシュナムルティの言葉に一通り触れてみて頂きたいです。

クリシュナムルティ読解

もし、その方の気づきの純度・強度・レベルが既に充分高ければ、こちらの研修で行うような、色々な技法を使っての気づきの基礎訓練・チューニングの必要性はなく、クリシュナムルティの言う通り、一切の技法も努力も方向づけも無しのあるがままの観察を通して、問題の理解と深化、そして最終的な解放があるのでしょう。

その作業を進めていく上で必要な具体的注意は、「気づきの実践マニュアル(攻略本)」たる彼の著作のなかで詳細に語られています。

しかし、私含め多くの修行者は、悲しいかな、絶対的に気づきの純度・強度が足りません。

今あるままでは、あまりにも気づきのレベルが低く、鈍く、故にマニュアルがマニュアルとして機能してくれない(理解できない)のです。

そこに色々な技法を用いての(前段階の)気づきの基礎訓練の意義が存在しています。

最終的に、それらの技法が身について(=気づき-洞察モードが、意識・脳に構造化されて)、特に、技法・テクニックとしてやっている自覚がないまま、それが充分に機能している状態が日常化され意識の常態となってしまえば、そのときには、それらの技法はすべて捨て去ってしまえば良いし、また、そうしなければクリシュナムルティの言う選択なき、限界なき、理想(あるべき)なき、刻々の全面的観察の状態には入れないでしょう。

補助的技法には、使うべき時期があり、また、離れ、捨てなければならない時期があります。

* しかし実際には、捨てる必要も、離れる必要もありません。
それらの技法が完成したとき、それらは静かに本来のものである気づきのなかに溶け込み、姿を消し、透明な形で問題なく機能します。
それが見られ・認識される対象ではなく、見る器官となって自身の視界から消えたとき、はじめて完成した=身についたと言えます。

補助的技法の存在意義

それは初めて自転車(二輪車)に乗るのを覚えるときに似ています。

「真の意味で二輪車で乗れるようになりたいなら、初めから助けの杖、補助輪としてのコロを使うべきではない」と考えてコロ(補助輪)を使わないか、「一人前に乗れるようになるまでは補助輪の助けを借りるのも有効である」と考えるかの違いです。

コロと云う一時的な補助の助けを借りないでも、繰り返し転んで転んで、そうしながらも、そのうち乗れるようになる人も居るでしょう。

しかし、もし転び続けるのに疲れ果てて「自分は自転車に乗る才能がないようだ」と諦め、そのまま一生自転車に乗らないで暮らす人が居たなら不幸なことです。

補助輪付きであろうと実際に自転車を運転し、自転車に乗ると云う行為の具体的な運動イメージを脳のなかに形成することは、新たな技術の習得の際、役立つでしょう。

ただし、既にコロ無しで乗れるようになっているにも関わらず、それに気づかず、いつまでもコロつきで乗りまわしている人が居たならば、それは滑稽なことですし、「自転車とは、本来コロつきで乗るものだ」との信念(教義)を築いてしまうならば、それは明らかな間違いでしょう。

それと同じような話ではないかと考えます。

リハビリ前期の装着具と云う喩えをもって、同じ説明をすることも可能です。

不可視の檻 透明な色眼鏡

しかし、補助具=技法を使うことに伴う危険性もあります。

私たちが触れることのできる思想・理論・技法・方法論のすべては、それぞれの伝統・文化・宗派・個人による経験・条件づけ・偏りを背負った限定的で色づけられたものであり、常に必ず、技法依存性という問題を見えないかたちであれ含んでいます。

それらに対する感受性、舌の良さを持っていないと、気がつかないうちにその教義・その理論の言うとおりに世界が見えてきて、その透明な檻、透明な色眼鏡にまったく気づけないと云う事態に陥ります。

「眼からウロコが落ちたのと、眼にウロコが飛び込んだのと、どう見分けられるのか?」と云う問いがあります。
それは瞑想宗教の実践現場に於いては、深刻な、笑えない問いとして存在します。

その危険性に対する注意深さ、あらかじめの用心が必要です。

瞑想宗教・精神世界と云う危険なジャングルに足を踏み入れるなら(そして、そうする必然性があるのなら)、まずやるべきことは道中予想される危険から身を守る装備(知識と道具)を手に入れておくことです。

クリティカル・シンキング(批判的思考)関連の読書・思索が、そのための準備としてお薦めできます。

これらの情報に触れておくことによって、瞑想宗教に関わる際に陥りやすい問題点を理解し、今後経験するかも知れない様々な事象(罠)に対しての免疫力をつけておくことができます。

これは全てのコースに共通して必要となる、ものごとを実証的・批判的に吟味できる思考能力・判断力・洞察力の基礎訓練として重要であり、気づきの修行の最初のステップは、まず何よりも健全な懐疑精神を養い育てておくことにあると考えます。


批判的思考 – Wikipedia

「批判」と「否定」の違い
「批判」という言葉は、反対する、受け入れない、などのイメージから、「否定」という言葉と同義で用いられるケースが少なからず存在するが、ここで云う批判とは、情報を分析、吟味して取り入れることを指しており、客観的把握をベースとした正確な理解が必要とされる。
「否定」という言葉はその情報自体を拒絶するという意味合いが強く、また主観的要素を含んでおり、「批判」という言葉の意味とは隔たりがある。 【批判的思考 – Wikipedia】より、一部抜粋。

「科学的な宗教」と「宗教的な科学」

体験主義の危険と、教義への理論的自閉

多面的・批判的に自身の体験を吟味・検討する能力は、特に瞑想宗教に関わる場合、必要なものです。以下の資料に目を通すことによって、その基礎訓練が幾らかでも為されるかも知れません。
宗教や瞑想に関心を持ち、実際に実践-行に取り組もうとされている人には、まずお勧めします。

怪しげな体験主義― 私はそれを体験した! 故に、それは事実・真実であるに違いない― や、教義への理論的自閉― うちの教義はスゴイ! それで世界のすべて(すべての現象)を説明することができる― などにはまり込むことのないよう、予防薬として。 【本文より一部抜粋】

クリシュナムルティ この条件づけの問題

クリティカル・シンキング(批判的思考)とは?

* クリティカル・シンキングとは、あらゆる情報に対して批判的な思考を働かせ、分析する習慣のことを指します。 これが、逆に、あらゆる情報を無批判に受け入れるならば、クリティカル・シンキングが欠如している状態であると言えます。

クリティカル・シンキングとは、人の出した結論を「ただ否定する」だけのことを言うのではありません。 その意見の根拠に対して、「本当にそうなのだろうか?」と疑問を投げかけ、最終的に自分の頭で判断する習慣のことを言います。  【冒頭文より一部抜粋】

へんな話を信じちゃわないために―健康的な懐疑本 (Amazonのリスト)

知の必要性と不必要性

下手に色々な本を読んで心を迷わすよりも、厳選し、絞り込んだ最小限の知識と技法の理解と実践に、使える時間とエネルギーを注ぎ込んでいった方が得られるものは多いし、問題解決も速いと感じることが多いです。

瞑想宗教・精神世界のウインドウショッピングを何処まで続けてみたところで、物知りや批評家になれるだけで、現実の自分の苦しみは、さほど軽減されていないと云う現実もあります。

人間が、苦しみを生み出す自らの心の仕組みそれ自体を変えるには、半端でない専念努力が要ります。
その情熱を伴った実践に踏み込むためには、あれこれ目移りしている段階は早く通過し、卒業しなければなりません。

現代は、ある意味不幸な時代で、本でも、ネットでも、次々と新しい覚者、新しい技法、新しい教えが登場し、話題になり、それがスピリチュアルビジネスとしての市場を持ち、「もっとすごいグル、もっとすごい体験、もっと強烈で、もっと簡単な覚醒法」と云う、「もっともっと病」「つぎつぎループ」に巻き込まれ翻弄されて、実質的な、それこそが本当に身になる自己直面の修行が、なかなかできません。

真に私達の助けとなるどの技法をとっても、その中身を血肉化し、本当に自分のものにするためには、相当の時間と取り組みを必要とするはずです。

しかし私たちは実際にはそれをせず、すぐ次の本・次の話題へと眼を移し、新しい技法・新しい覚者を探し求め、進んでいきます。

実のところ私たちは、既に必要充分な知識も技法も手に入れています(持っています、知っています)。
にも関わらず、それら既に持っている資源を生かすことなく、いつか、どこかで「この満たされることを知らない心を満たしてくれる何か」に出会うことを夢見て、さまよい歩きます。

「一冊の人を恐れよ。一冊の本しか知らない、一冊の本しか読まない人を、真に恐れよ」と言います。人生の途上で出会った、ただ一冊の本だけを心に抱き、その中身を真に自分のものにした人を。

情報過多な時代にあって、私たちもそう在りたいものです。

参考となる地図

最後に、他の方が書かれた気づきの旅の地図 ―いま、ここ、私へ至るための地図― として幾冊かの本を紹介しておきます。
どれも質の良いものだと感じます。(ただし、すべてが私の見解と一致している訳ではありません)

それぞれの人が、自身の道の歩みを振り返り、自分だけのオリジナル地図を作るのでしょう。

『無境界―自己成長のセラピー論』 ケン・ウィルバー

『今、目覚める―覚醒のためのガイドブック』 ステファン・ボディアン

『意識(サイクロン)の中心』 ジョン・C・リリー


気づきの瞑想(禅・ヴィパッサナー)コース

集中内観コース

刀禅(ボディワーク)コース