「いまの事実」の持つパワー

いま在る事実・現実は、心理的な不安、不快な感情、怒り、恐れ、悲しみのことも有れば、身体的不調による、痛み、吐き気、だるさのことも有るが、それらは、それ自体が強烈な力(エネルギー・威力・潜勢力)を持っている。

その、いま現に有る事実(身体的症状/心理的現象)の「意味探し・理由探し・原因探し」(過去の系列)や、「対処法探し・解決法探し」(未来の系列)に心を費やすことをしばらく止めて、その、いまある事実に、じっと留まっていれれば、その事実自体が、最も単純に、最も適切なタイミングと仕方で、自己展開、自己変貌し、その真の姿(存在意義)を顕わにする。

それは、事実自体の活元運動(自働運動)である。
気づき-洞察とは意識の活元運動(自働運動)であると言える。

それには、その事実が現れた意味・理由・原因を知る(理解する)必要も無い。

意味・理由・原因を探す心の運動自体が、この事実からの逃げ・逃避であり、それは、いま、ここの、この事実を受動的に見ることの妨げとなる。

その事実と共に居て、ひとつになる(ひとつである)ことができれば、それは起こる。

そのためには、その嫌な事実を無くしたいそこから早く逃れたいとの思いを暫しの間でも停止させることが必要であり、私たちがやるべきことは、受容的な気づきをもって、それ(その事実)じっくり見守り待つことのみである。

それこそが、受容的な気づきと云う言葉によって表現されている内容・中身であり、それは、あらゆる問題に使える、万能の(対処しない)対処法である。