身体からのアプローチ

気づき系のボディワーク

フェルデンクライス・メソッド関連断片
フェルデンクライス・メソッド入門書

刀禅
小用茂夫先生の主催されておられる、新陰流(日本の古武術・剣術)と形意拳(中国の拳法)をベースとした身体運用の研究会の名称です。現在、毎週末に、東京(駒込)・埼玉(蕨市)を中心に稽古会が行なわれております。

胴体力

アレクサンダー・テクニック

アレクサンダー・テクニックは、スタート時点では、本での独習などが、かなり(極めて)難しいテクニックであると云う特徴を持っています。よって、まずは自分に合う良い教師を探すことが近道かもしれません。

ピラティス
『ピラティスダイエット 綺麗の法則』

すべてのボディワークに共通する原則の部分の説明に多くのページを割いていると云う点で、良心的な本だと思います。

『ピラティスはじめてレッスン―誰でもできるやさしいエクササイズ』

こちらには具体的な動きも多く載せてあります。細かな説明が丁寧です。

ヴィパッサナー瞑想の身随観
『呼吸による癒し』 ラリー・ローゼンバーク 春秋社 抜粋

『実践ブッダの瞑想法―はじめてでもよく分かるヴィパッサナー瞑想入門(DVDブック)』

クリシュナムルティ 「食事・習癖・身体の感受性」

あと、「脱-身体的条件づけの技法」という面から見たとき、S.N.ゴエンカ氏系統のヴィパッサナーテクニック(ボディスキャン)は外せないと思います。
日本ヴィパッサナー協会

自働運動系のボディワーク

コンティニュアム・ムーブメント

『自然運動と癒し―コエックスの実践』 トニー・クリスプ

ダイナミック瞑想、クンダリーニ瞑想など、Oshoの瞑想技法も、ココロとカラダ(瞑想とボディワーク)を繋ぐものとして有効性を持つものです。

ホロトロピック・ブレスワーク も、また、そのように理解することが可能な技法だと思います。