集中内観研修後の注意

集中内観研修がうまくいった際の、自宅に戻ってからの注意です。

1.

今回の内観で、両親や家族に対しての認識に、大きな劇的な転換を経験せられ、今の気持ちとしては、かえって顔を見たら、まず謝りたい、謝罪したい、などと感じておられるかもしれません。
しかし、仮に、実際に、相手の前で、土下座して泣きながら「申し訳ありませんでした、お許し下さい」と詫びたところで、そのお詫びがそのとき限りで、しばらくして、また、それまでの自分の言動・感じ方に戻ってしまっているのなら、相手には「やはり、この人は口だけで、実際には何も変わらない、内観ってのも結局、一時的な感情の盛り上がりに過ぎないね。まあ一週間くらいは良かったんだけどねー」などと思われるだけです。
口で言うより何よりも、これからの貴方の長期的な言動・態度の変化が、効果が有ったのか無かったのかの真実を語ります。
つまり、口で美しいことを言うのは簡単だけど、それを長期的な態度・行動の変化で示さなければ、誰も信じてはくれないと云うことです。

2.

ではあるのですが、自分の気持ち・感じ方の変化は、ことばで表現しなければ届かない、気づいて貰えない、と云うこともあります。

なぜなら、貴方が相手に対して、強い「この人はこういう人である」と云う悪いイメージを持ち、それがある故に、これまでずっと相手を悪く誤解して接してきたのと同じように、相手の方も貴方に対して、これまでの貴方の言動を元に作ってしまった、固定した「この人は、こういう人である」と云うイメージを持っています。
それは、とても根強く、今後の少々の貴方の言動の変化によっては変わりません。
もし、貴方の態度が内観に行く前に比べてやさしくなったと、ふと感じることがあっても、「そんなことはない。この人は昔から酷い、駄目な人なんだから」「だから、そんなことはない」との強固なイメージを心の中で覆すことはなかなかできません。つまり、固定した「相手イメージ」が強いが故に、少々、そのイメージと違う言動・態度を貴方が示したところで、相手には見えない・届かないのです。
クリシュナムルティ 「イメージなき観察」

ですので、もし、いま、貴方の相手に対する認識が間違いなく変わっているのなら、その気持ちがハッキリしている速い時期に、そのことを相手にことばで伝えるべきです。
「黙っていても、自分の態度・言動が変われば、それで黙って示せば、相手は分かってくれる」と云う考えは、お互いに相手イメージを強く持って、あるがままの現実そのものを見ることの難い私たち同士では、上手くいかないことが多いです。

そして、自分の側は努力して、新しい態度(やさしさ、心遣い、感謝)を示しているのに、相手は相変わらず、いままでの感情と態度と恨みなどで頑なに接せられていると、いつのまにか(内観の効果も薄れてきたころには)あなた自身、元の自分の怒りや自己中心性に戻ってしまうかもしれません。そのとき相手は、「ほら見なさい。やっぱりこの人は相変わらずな、人の気持ちが分からない嫌な人でしょう」と結論づけるかもしれません。

故に、まず自宅に戻ったら早い時期に(心から集中内観直後の新たな認識の実感が薄れてしまう前に)、相手に伝えたいことを言葉によって伝えておくことをお勧めします。

「これまでの、この点に関しては反省しています。そして、これからの自分の生活・態度をこのように改めたいと思います」と云う内容を相手に言葉で伝え、明言することで、その自分の決意は「既成事実」となり、後々まで嫌でも守らないといけない相手に対する「誓い」となります。
その点でも、内観による変化を定着させやすい装置となります。

そして、相手は、「そんな風に感じてくれた」と云うだけでも、やはり嬉しいものです。

また、取り返しのつく過去は、「取り返し」をつけることも重要です。
謝れる人には、きちんと言葉で謝り、返せるものはきちんと返し、最終的に、その実際行動が人間を変えるのです。

3.

しかし、相手に伝える際の「伝え方」には、充分な注意と工夫が必要です。

家に帰るなり、玄関先で土下座して、泣き叫びながら「ごめんなさい!」とかやってしまうと、親や相手は、非常に驚き、変な宗教に洗脳されてしまったのではないか、また頭が変になってしまったのではないかと恐れます。
この場合にも、自分の気持ちを正確に表現する工夫と同時に、相手にとって最も良い仕方で伝えると云う配慮、思いやりが必要です。これ自体が内観の具体的な実践の一つです。

また、研修後のしばらくは「内観ハイ」とも言うべき、意識や感情が異様に高揚した、「感謝・懺悔・有り難さ」がとにかく高まった意識状態が続くので、この状態で、人に合い、心の赴くままに本心を話すのは危険な場合もあります。

私がお勧めできるのは、手紙を書くことです。

どう表現すれば、最も良い仕方で相手に自分の真意が伝わるだろうか、自分の伝えたい本当のところを、相手を驚かさないで、誤解を与えないで伝えるには、と、何度も何度も考え、推敲しながら仕上げ、一日おいて、また冷静に再確認し、完成してから、それを相手にお渡しするのが、最も安全なやり方ではなかろうかと思うのです。

行き当たりばったりで、何も決めること無しに思いの丈をぶっつけると云うやり方は、自身の思いを正確なかたちで伝えることが難しく、後悔するような結果に終わることも少なくありません。

口頭で伝える際も、事前に頭のなかでリハーサルをして、どういう切り出し方で、どういう言い回しで表現するのが、最も相応しいか、適切かを充分に考えた上で、あとは実際に話しが始まったら、その後の展開は成り行きに任せて、と云う「人事を尽くして」、その後、実際の場面では自然な展開に任せると云う下準備は必要です。


『春にして君を離れ』 アガサ・クリスティー

私は、この本を「ある、それなりに裕福で人生が順調に進んでいる(夫婦間もうまく行っており、子育ても一区切りついた時期の)中年女性の身に、環境誘発的(自然自発的)に起こった集中内観と、その結末についての話」と読みました。

話の内容・構成・展開の上手さなど、さすがの内容です。
勿論、良い本の常で、全く違う読み方を幾つでも許す作品ですが…

自覚したことの、その後の伝え方って大切だよなぁ、と感じました。