研修体験記

ヴィパッサナー&ボディワーク研修を終えて

私向けの研修は、まずヴィパサナーを取り入れた気づき系の研修から始まりました。
食事をするときに箸や茶碗を手に取って、「(伸ばしたいと)思った」→「伸ばす」→「触れた」→「つかんだ」・・・「口に入れた」→「噛んでいる」など動作をラベリングしていくのです。
なかなか的確な言葉が出てこないことがありましたが、今やっていることに集中することは、自分の意識を冷静に受け止めることができ、意識が外に逸れても、それをラベリングすれば良いというのも好感が持て、とても興味深い体験でした。

気づきの瞑想コース8日間

個人的な問題として、10代の後半より「生きることの無意味さ」や「空虚さ」「生き辛さ」を感じていることが多かったように思います。
そんなこともあってか、心理学を勉強したり文学にはまったこともありましたが、いくら知識を詰め込んでも実感として何も変わりませでした。
20代の半ばより、それらについて考える事を止めていました。
そんな中、偶然「ヴィパッサナー瞑想」を知り、再び興味が惹かれました。

お正月6日間研修

夫から、研修についての話を聞き、ホームページをみせていただきました。
夫はここしばらく、「生きる」ということに苦悩し、色々と体験を重ねながら自己の内面を深め、何かを模索しているようです。
最初は、そばにいて、そういった作業に多少の抵抗がありました。
しんどさを上手く共有できていないことへのさみしさもありました。
でも、本人が真剣にとりくんでいる姿や、想像以上に根が深いものであることなどを察し、なんとか私なりにそれを受け止め、寄り添いたいと考えているところです。

初めてのヴィパッサナー瞑想-10日間 40代女性

研修の最中は、自分自身の状態の変化がどれほどのものか、あまり認識できていませんでした。
特に印象に残っているのは、食事中の味覚の感度が驚くほどあがったことです。
食事の量は、通常の4分の1位なのですが、それを2時間位かけて、ゆっくりゆっくり一瞬一瞬を感じながら食べていきます。
日を重ねるにつれ、何を頂いても、とても美味しく感じるようになり、至福の時間を過ごすことができました。
その他、後半には、耳や眼の感度もあがっていき、特に耳は、人の話声が騒音と化す程でした。

ボディワーク一日コース×4 30歳女性

ボディワークでは、自分の体の固さや、いかに30年間、間違った使い方をしていたかが良く分かりました。
肩がスカスカになり、0という感覚でした。
腰もどっしりとして安定感がありました。
体と心は繋がっていて、観るものがいつも以上にキレイに見え、素直に美しいと思いました。

研修体験記 OTさん

内観を行う際、これまで自分が持っていた内観に対するイメージを拭い切れず、結局最後まで反発を抑えきれませんでした。
先生が、“内観が成立した過程や背景には把われずに、淡々と行に専念した方がよいですよ”とおっしゃってくれたにもかかわらず、やはりどうしても(日本独自の)仏教用語や創始者の思想的な部分に引っ掛かり、無心には取り組めませんでした。

10日間内観コース 26歳女性

10日間の集中内観を終えて、長かったような短かったような、不思議な気分です。
今まで自分を見つめるということを意識してしたことがなく、大変貴重な、かつ、非常に困難な体験でもありました。
はじめの2日間は、眠くて眠くて、全然集中できず、「こんなことで大丈夫かなぁ~」と不安な気持ちにもなりました。
断食を進めて、次第に少しずつ目が覚めていき、最終的な効果は大きかったと思います。
霊基さんが最初に言っていた通りの展開になり、正直ビックリしました。

私の内観体験記 30代女性

はじめの3日間ほどは、自分が集中力の無い人間だということを生まれてはじめて知り(実は自分は集中力のある人間だと思っていました)、如何にいつも妄想ばかりしていて、一時たりとも一つのことに集中できないかと云うことに気がついただけでも大発見でした。
その後、私は何だ、どうしてこう頭が真っ白でバカなんだ、そうだ、私、実は他の人ほど切羽詰ってないから、だからできなくても、やらなくてもいいんだ♪ 必要ないさー♪ などと考えつつ、お腹すいたー、帰りたいーとも、チラッと頭をよぎったりしておりました。
しかし、その次の朝、自分が大泣きしたり笑ったりしているので目が覚め、ひとりで何事かしゃべったり笑ったり泣いたり、ひとしきりしておりました。

内観研修後に頂いたメールと体験記

この10日間は、私にとって、とても貴重な体験となりました。
深い内観が出来たかどうか自信はありませんが、自分の人生を、こんなにも落ち着いて、きちんと振り返った事がなかったので、それだけでも私にとって大きなものとなりました。

内観を通して、自分が周りの方々や出来事に対し、どれだけ自分にとって都合の良い風にしか見ていなかったかという事が解りました。
物事を色んな角度から見られた時は、目からウロコでした。

内観7日間+ヴィパッサナー8日間

母に対する「なんで、自分と本当に向き合ってのか」「物は与えてくれたけど、心は与えてくれなかった」「生き方を教えてくれなかった」という怒りが湧き上がってきて、「あっ!! 自分は母に対して怒りを持っていたんだ!」と認識。
今まで、うすうすとは気づいていたけれど、誰かを憎む・恨むと云うことが、「私は善人である」という自己イメージに合わず、その自覚・認識を拒否していたと気づく。

10日間内観研修の感想

内観については、全く何も知らない状態で屋久島に来ました。
やってみれば何か少しは変わるのではないか、とにかく行くだけ行ってみよう― そんな気持ちでした。
最初は、自分の履歴を思い出しながら追っていても、何も内側から湧いてくるものはなく、何で、こんな事しないといけないのかと、バイトの面接を受けているような感覚でした。
それを、母親に対して「してもらったこと」「お返ししたこと」「迷惑をかけたこと」と云う視点で見つめていくと、少しずつ、何があったかが思い出され、そのときの感情が甦ってきました。

ヴィパッサナー研修の所感 39歳男性

「食事のSatiでは噛んでいるときの舌の微細なインテンションに気づいていなければなりません」というご指示から瞑想が深くなっていきました。
・ 口にいれたときの舌と食物の接触感、咀嚼しているときの食物を回転させようという舌のインテンションを観察し、味わいました。 舌は脳から分離したインテンションを下しているようにも思われました。
・ 食物を飲み込む前にインテンションのSatiを入れると全てが分節された独立の行為であると思いました。
・ 食事自体が、無限に分節された複雑で多様な現象世界の縮図であることが分かりました。

内観研修を終えて 30歳女性

今回は、10日間の内観研修を受けさせて頂きました。
終えてみた感想を表現しますと、「不思議な穏やかさが心の中にある感覚」という感じです。
私は現在まで、若干複雑な家庭環境や様々なキャラクターを演じながら生きてきましたが、歳をとれば取るほど、それなりに自分が生きやすくなっている実感がありました。
しかし、最近になり、仕事のやる気のなさや、ずっと気になっていた自分の中にある男性への抵抗感などが気になり、「スッキリさ」を求めてネット上を検索した結果、こちらに辿り着き、なかばノリとカンで申し込みをしました。
期待をしつつも、人間こんなんで変われたら苦労しないわ!という疑いもありつつ…。

内観研修体験記 30代後半男性

私が霊基さんと研修所のことを知ったのは、クリシュナムルティ関連のホームページを調べている時でした。
クリシュナムルティの考えに触れて3年。
ようやくその内容を理解し始めた気になっていた私は、その考えに少しでも近づきたいと、自身を探求する意味で実践できるものを探していました。
内観研修は、その手始めとして打ってつけだと思ったのです。

半日ボディワークコース 30代女性

研修については、実はどんなものかよくわからずに受けたのですが、あの時の私に本当に必要だったみたいです。
あんな風に、丁寧にゆっくりと体の細部に意識を向けることなんて、今まで一度もしたことはなかったので、最初は、何を感じとれるのか、何に気づけるのか、感じれなかったらどうしようとか、あれこれ考えてしまっていました。
霊基さんの誘導のままに体に意識を向けていくと、体の輪郭線が少しずつなくなっていくような感覚になりました。bれ そして、だんだん背骨だけ、さらには体が薄くなっていく、そんな感覚で、自分が体の中にいるのか、どこにいるのか、でもそれもどうでもいいような・・・手離すことの解放感のような。

7泊8日 気づきの瞑想リトリート

私がヴィパッサナー瞑想に興味を持ったのは約3、4年程前だった。
当時、仕事や対人関係にしっくりいっておらず、仲の良い友人や実家の両親に不満ばかり漏らす毎日を送っていた。
表立って大きな問題を抱えている訳ではないのに、焦燥感や疲労感、虚しさをどうしても振り払うことができなかった。
心のどこかでは『これは自分の内面的な問題なのでは・・・』と薄々感づいていたように思う。 だから、表面上は仕事の不満などを言いながらも転職などは考えることもなく、心の問題を扱ったような書籍やホームページばかりを眺めていた。
今思えば、虚しさを解消するために躍起になって仕事をしてみても、趣味に没頭してみても、結局はそれ自体を人生の目標と感じることが出来ずに苦しんでいたように思う。

内観研修の感想 25歳男性

内観をやって気がつけたのは、過去に対する見方が変わり、決して人のせいではない己の人生のダメさ、情けなさを自覚できたことです。
両親と祖父母について調べましたが、強い感謝や謝罪の気持ちというのは最後まで、それほどは出ませんでした。
それでも以前よりは、してもらった事や迷惑をかけた事を思い出せて、感じ方は変わりました。
やはり心の奥で自分勝手な思いが残ってるのだろうと思います。

10日間内観コース 33歳女性

まず初めに、母に対しての「して頂いた事」「して返した事」「迷惑をかけた事」の内観を行いました。
最初は正直言って、根っからのクリスチャンで絵に描いたように完璧な忍耐と道徳心を持っている人とイメージしている母が、私から見てどんな母だったのかに、余り興味は湧いて来ませんでした。
母に対しては、頭に病気を持っている父を何十年も病気だと疑わずに生きてきて、その影響が家族全員の心に深い深い傷を与えた事に対する責める気持ちを抱いていました。

6泊7日ボディワーク研修 40代男性

六泊七日間、ボディワーク研修でお世話になりました。
研修を受けさせて頂いた動機としては、喉に問題があり、若干の炎症感と咳の問題です。
喘息ほどではなく軽い症状なものの、すでに五年ほど続いていて、慢性化している状態です。
病院の精密検査ではアレルギーと診断されました。
自分自身の感覚では、まずは常日頃の食事の摂り方と腸の健康状態が直接の問題と感じており、その他、ストレスから来る精神状態も関係しているように感じていました。
研修に入る前に、直接的な対策として、すでに断食や内観などは試みていました。

内観研修を終えて 25歳女性

内観研修の最終日、夜、休憩を挟み、軽い食事をとった私は、それまでピンと張っていたものが緩んでしまい、少し横になるつもりが、どうにも体を起こす力が失せ、思い出そうと集中するも、頭はシンとして、何の映像も出なくなってしまっていた。
そして、朝まで起き上がらなかった。
朝、目覚めると、いつもと変わらぬ朝なのだけれど、研修は終了していた。
なんとも変な気分だった。
ここでの研修は終わったけれど、内観という作業が当たり前に私の中に組み込まれていた。

ヴィパッサナー瞑想6日間+内観6日間 22歳男性

ここで、私がこちらの研修を受けようと思った動機について書きおこそうと思う。
きっかけは二十歳の時にクリシュナムルティの著作に触れたところから始まります。
それまで、将来に対して漠然とした不安、また人間関係において悩みを抱えていた折に、彼の語ることはまさに驚きでした。
それから二年程、彼の教えを実践しようと試行錯誤してきましたが、私個人の力量では限界を感じていました。

内観体験記 24歳 大学生

今回、内観を受けた理由は、うつと精神科で診断され人生に希望が持てなくなり、どうにかして精神を立て直したいと考えたからです。
私は先日、通っている宮崎県の大学の卒業が決まりましたが、修士論文を書いている途中にストレスが溜まり不眠になりました。
そして精神科で抑うつ状態と診断されましたが、薬と友人のサポートでなんとか卒業できることになりました。
しかし、まだ1週間ほど学校に行かなければならないのに、学校や教授のことを考えるだけで体が動かなくなります。
そして、4月から東京で営業として働くのですが、全く自信が持てなくなりました。

内観体験記 25歳男性

自分の中の大きな大きな心の支えが一瞬にして崩れ去り、深い深い闇の中へ突き落された感じでした。

「内観の中で起こる展開ってこのことなのか? 確かに予想外の展開だけど、この結果はいくらなんでもナシでしょ~。だって二週間後には結婚するのに、どんな顔をして彼女に会えばいいんだよ~」と、ただただ廃人のようにうなだれていました。

ヴィパッサナー瞑想体験記 25歳女性

今回の研修の約2週間前、3月11日に地震が発生した。
私は震源地から比較的近いところに住んでいたため、人生初となる震度6強という体験をし、地震発生後も続く余震、停電、放射線の問題、飛び交う様々な情報に、少し混乱していた。
私の中でも揺らぎが起きた。
この状況下で、私にできることとは? 本当に必要なこととは何なのだろう、と。
そして、私の命が今ここにある奇跡。犠牲になった人々を思うと申し訳なくなった。
ここにある命をもって、私にできる精一杯のことをやりたいと思い始めた。
そんな中で、研修日が近づいてきて、私は屋久島まで行けるのか? こんなときに、行くのか?
と思ったりもした。
幸い交通機関の規制もなく、行ける環境であり、以前から行くと決めていたのだから、行ってこよう。
むしろ、いま行くことによって、色々なことが見えてくるだろう、と思った。

内観コース体験記 35歳女性

私は失恋がきっかけで内観コースに参加することになりました。
もともと瞑想コースを希望していたのですが、私の申込書を見て、指導者の船江さんが、
今の私には内観コースが適切だと勧めて下さいました。
内観が何かもよくわからぬまま受けましたが、彼とのことだけでなく、両親、弟に対しての内観で様々な気づきを頂けて、大変貴重な体験をさせて頂きました。

ヴィパッサナー瞑想+ボディワーク8日間 50代前半女性

子供が大学に入り、手がかからなくなったので、1年に1回、一週間くらいのバカンスを自分にあげようと気軽な気持ちで旅先を探していた。
今年は屋久島にしよう、とインターネットで色々検索していたら、船江霊基さんのHPにすぐ出会った。

気づきの瞑想コース七日間 30歳女性

仕事中、雑念から抜け出せずに効率よく働けず、「社会人としてダメだな」と落ち込むことがよくありました。
「雑念を制御する方法はないのか」と探していたところ、ヴィパッサナー瞑想を知りました。
近くで開催されている瞑想会(半日)に参加させてもらったり、自宅で実践したりしました。
しかしながら、本当に正しい方法でできているのか不安だったので、宿泊研修に参加してじっくり指導してもらいたいと思うようになりました。
そんな時、七日間~という比較的短い期間で受けられるこのコースを見つけ、参加しようと思いました。

気づきの瞑想コース七日間 32歳男性

起床時にカーテンを雑にザッとあけた瞬間、隣の部屋から霊基さんに「今、ラベリングは何て入れてました?」と聞かれ、正直びびる。
その後も「今、ラベリングは?」と何度も言われ、かなり焦る。
また霊基さんに「何分ラベリングが続いて、どういう理由で何分切れたかレポートして」と言われ、曖昧な返答を繰り返すと、色々つっこまれて反射的にまた適当な事を答えていた。
今考えると、完全に雑念、妄想だらけで、ほとんどラベリングは入って入なかったが、それを恥ずかしく思い適当に嘘を答えていた。
霊基さんには、「質問に対してずれた返答をしている、人の話をあまり聞いていない」等の指摘を受け、その後もこの類のやり取りが繰り返しあり、自分でも今まで気づかなかった事だが、人の話を分かっているつもりが全然正確に内容を理解していない事が多々あるらしい。
この事は初めて指摘を受けたのでショックを受ける。

気づきの瞑想コース10日間 42歳女性

亀のような動きで歩く瞑想を始める。
言葉によって感覚がしだいに明確に、鋭敏になっていく。
磁力が働いているかのように、足裏が床に吸い付く。
もはや感覚が皮膚の内側に収まっているような気がしなかった。
ラベリングの言葉もついてくる。
だんだん楽しくなってきて、夜半過ぎまで瞑想を続けた。
布団に入った後も身体のビリビリ感が鮮明だったので、そのまましばらくラベリングを続けた。

気づきの瞑想&ボディワーク9日間

参加の動機は、世の中でよく言われている瞑想ってよく解らない、っていうのが理由でした。
雑念を沈めて…光がとか、スッキリとか言われますが、自分で座ってみてもなんかしっくりこなくってどんな感じなのかが知りたいのが一番。
二番目は、腰の動きが人より鈍くて、今後のためにダンスを勧められ始めたのですが、これまた人より進度が遅いので、ボディワークで何とかならないものかと。

気づきの瞑想&ボディワーク7日間

私の受講目的は感覚の向上でした。
仕事でリハビリテーションに従事しており、治療技術の向上させるためには治療方法の勉強よりも自分の体を作り直すのが必要と考えたからです。

結論から言うと受講してとても満足でした。
結果として治療時の感覚向上(まだまだ安定してないですが…)や、人体に対する新たなコンセプトを得ることができ、期待していたもの以上のものを得られ、今後も成長していけそうです。

瞑想&ボディワーク3日間

私は物事に集中できない自分がとても嫌でした。
特に、本職であるピアノの演奏中に雑念すること自体、自分のセルフイメージを落としていました。
いつも、今心ここにあらずで、心にたくさんの垢が付着していることには薄々気づきながらも、どうしたらいいのかがわからずにいました。

そんなとき、以前にやっていた瞑想を思い出し実践していたものの、なかなか集中度は高まりませんでした。
瞑想の仕方をきちんと学び直そうと思って何気なくネット検索していたところ、研修所の存在を知りました。

私の内観体験記 30代女性

私はこちらに来るまで、自分に自信が無く、嫁ぎ先の家業である農業も充分に手伝えない、嫁として失格な人間であるような気がしていた。
その不安を、周りの家族にぶつけ、それが跳ね返ってきて、さらに落ち込む。これが続いていた。
精神科にも行ったが、「何かが違う。もっと根本的な何かがあるはずだ」と感じていた。

そんなときに「内観」と云うものがあると知り、研修所のホームページに辿り着き、電話で霊基さんと話をし、無理をお願いしたが3月29日~4月6日までの期間で「内観コース」をお願いした。

知られざる内側世界の冒険 27歳女性

3日目の朝、私は霊基さんに、研修をやめたいことを伝えました。
霊基さんには「今は断食中だし、2~3日はここで回復食を食べてから帰った方がいい」と言われました。
しかし、私はここから早く出たかったので、無理を言って、携帯できる回復食を用意してもらい、昼には宮島を出でました。

そのまま電車に乗って帰ろうと思いましたが、体調が良くなく、とにかく横になって休みたかったので、宿をとることにしました。
夜になり、ものすごい後悔の念がわいてきました。
本当に迷いましたが、霊基さんに電話をして、もう一度研修したいことを伝えました。
霊基さんは嫌な顔をせず(電話なので、嫌な声ですね)、再開を引き受けてくださいました。
ここに来て今更ですが、「どうして研修をするのか」が確かめられたことは、大きかったと思います。

瞑想コース5泊6日を終えて 50代後半女性

今回の研修は、わたしにとってとても有意義なものでした。
わたしは、日常的に瞑想とヨーガを行っています。
瞑想を始めた理由は、ざわつく不安定な心を落ちつけたかったからです。
本を読み、自己流ではありましたが、続けるていくうちに、徐々にその効果がでてきました。
平静で穏やかな自分を、時折感じるようになったのです。
そしてさらなる変化と向上をしたいと願い、人工的なものを極力排除した自然の中で、自分と真我を見つめてみたいと思うようになりました。

10日間内観コース 23歳男性

私は、今年の春くらいから精神的に病んでしまってカウンセリングに通い、心理学の本を読むようになり、現在、自分がこのような状態になったのは親の影響だと理解するようになりました。

そのように知った時から親をひどく憎むようになり、直接、親に対してひどいことを言ったりもしました。

内観に来る前まで、私は、父に対して、「ただ厳しく育てられた。だから、このように精神的に病んでしまったのだ」、そう思い込んで本当に憎んでいました。

内観体験記 31歳男性

内観研修を受けた理由は、私自身、鬱病で仕事を半年近く休職しており、心療内科での治療を続けていたものの、なかなか治らずやきもきしていた時に内観のことを知り、打開策にならないかと思ったからです。

研修前は自分なりにインターネットを通じて調べたものの、「イマイチ理屈がよくわからない、本当に自分に変化が起こるのか?」という半信半疑の気持ちで広島に向かいました。

はじめての瞑想体験 30代後半女性

自分探しをしていた私は一昨年に内観と出会いました。
他の研修所で集中内観を受け、再度受けたいとの思いから、唯一長期休暇がとれる年末年始に研修が可能なところを探していて、「気づきの研修所」に行き当たりました。

研修当日、しばらくお話した上で、「内観よりも瞑想の方がいい気がしますね」とのお言葉に、予定を変更し瞑想の指導をお願いすることになりました。
予想外の展開で、瞑想という未知の領域に踏み込むことに内心戸惑いつつ、私にとっては新しい世界の一週間となりました。

9日間の内観を振り返って~きつかったこと~ 32歳男性

内観研修の中で、自分の中で気づきが起こり、問題解決や自分の生き方について、いくつかの明らかな答えが出たことに感謝しており、また正直ほっとしています。(8日の時点では、もうだめだ、くらいに思っておりました)

8日目の後半、船江さんが「面接の時間が多過ぎるように思います。内観に使う時間を増やした方が良いです」と助言して下さったこと(あの瞬間には、叱責、ないしは面接が長すぎることに対する苛立ちなのか、とすら感じてしまいました)には、本当に感謝しております。
あの一言で、なんとか、気づきに辿りつくことができました。
気づきの直後、そして今でも、「あれは船江さんが意図的に私が気づきに至る助け舟をだしてくれたのでは」という思いがあります。恐らく、船江さんの中では違うと思いますが。

2回目の瞑想コースを終えて 44歳女性

今回の経験を通じて、「心や意思だけでなく、身体からのアプローチが瞑想を一層深めるのに役立つ」と云う、ボディワークの効果を実感した。
心と身体が一体であること、身体づくりの重要性を認識した。

また、技術の原則をきちんと守ること、細部にいたるまで気を配り続けることの大切さも。

改めて瞑想の面白さを実感した研修だった。

内観研修体験記 29歳男性

私は、この内観研修で得るものがあったというよりも、認識が変っただけで、何か特別な力や技術を得た事は全くありません。
今までと変らない自分ですが、前よりも楽に自分に制御が効くようになったように感じます。
ですが、やはり日常でダラケてしまうとすぐにまた元のおかしな自分(今でもおかしいですが、前の方がヒドかった)に戻ってしまう感じがありますので、隙間をあけず、頑張っていかなければならないと思っております。

内観の効果はあったと思います。
今回、多少なりとも自分を知る事になったのですが、知らないまま進んでいってたと思うと恐ろしいです。

7日間瞑想コース体験記 60代男性

瞑想と運動に関しては、霊基さんに勧められたビパッサナー瞑想とフェルデンクライスメソッドの本を研修前から少しずつ読んで準備していました。
瞑想は足を組んで行うものというイメージがあったので、かなり練習しましたが、どうにも体が硬く、結跏趺坐はもちろん、半跏趺坐も長くはできない状態でした。
ところが、研修終盤になって、霊基さんに教わった骨盤を後ろに傾けるやり方、武道で言うところの「太腰(ふとごし)」を試してみたところ、足腰の余分な力が抜けて、かなり楽に足が組めるようになりました。
一般に、体というのは「気づき」を入れたところの力が抜けて「動き」(静止も動きの一種です)が良くなるもののようです。

6年越しの体験記

内観が始まり、船江さんは本当に上手にリードしてくださいました。
ご自分の主観は一切入れ込まず、主線から外れても柔らかく誘導してくれる。
着地点をしっかり理解しているからこそできることなのだろうと、いま感じます。

二日目から、私はすでにどうやって逃げ出そうか考え始めました。
かなり本気でした。

10日間内観 20代後半男性

その瞬間、自然と涙が出てきました。 母親の立場も考えず、気にしているのは常に自分のことだけ。 本当に情けない。 とても恥ずかしく思いました。 今まで体験したこと全てがそうでした。 これが、今回の研修での最も大きな気づきとなりました。 浅い内観で終わってしまったかもしれませんが、そのことにきづけたことに、本当に感謝しています。

10日間内観コース 29歳女性

内観は、最初のうちは印象深くてこれまでも何度も思い出したことがある場面を頭の中から絞り出す感覚でした。 思い出そうとする作業は私にとってシュノーケリングをして魚を見ることのようでした。 魚が見たいと足掻くと逃げてしまうのでその世界に静かに身を置いて「大丈夫だよ、落ち着いてやれば大丈夫だから」と岩陰に隠れる臆病な記憶を心を開いて解放する感覚でした。

多布施内観研修所に行って来ました

研修者の方から頂いたメールです。 内観の効果を感じさせる非常に良い内容でしたので、許可を得、紹介させて頂きました。 Subject: 多布施内観研修所に行って来ました。 船江 霊基様 以前研修を受けさせて頂いた○○です。 … 続きを読む 多布施内観研修所に行って来ました

ヴィパッサナー瞑想10日間 29歳男性

おはようございます。 前回の内観に引き続き、素晴らしい修行のサポートありがとうございました。 本当に今までの不安や悩み、疑問を洗い流せた10日間でした。 そして、修行の辛さだけではなく、楽しさにも気づくことができた気もし … 続きを読む ヴィパッサナー瞑想10日間 29歳男性

ボディワーク×瞑想 7日間 40代後半女性

この度の4回目の研修では、これまでに修めてきたヴィパッサナー瞑想の基本の上に、刀禅の錬功を重ねるかたちで指導をしていただきました。 前回の研修で刀禅の手ほどきを受けてから、その後1年間ほど、自分ひとりで稽古(らしきもの) … 続きを読む ボディワーク×瞑想 7日間 40代後半女性

7日間 内観コース体験記 30代前半 女性

宮島研修所、最後の研修となりました方から、さきほど体験記が届きました。 お許しを頂けたので、紹介したいと思います。 非常に褒めて下さっていて、嬉しさと共に気恥ずかしさもあるのですが、そのまま掲載させて頂きます。 (霊基) … 続きを読む 7日間 内観コース体験記 30代前半 女性

性的なストレスからくる精神的・身体的な症状と私のリトリート 30代前半 男性

リトリートが終わった後、バス停で帰りのバスを待っていると、遠くに空気の層が白くかかった山が見えました。綺麗だなと思いました。スカッとしていました。 リトリート中は気づかなかったのですけど、世俗間に帰って自分の心の透明度に気がつきました。

集中内観を体験して 40代後半 女性

宮島で過ごした8日間は特別な時間でした。 島へ渡る舟。海から研修所へ向かう小道。沢蟹の親子。丁寧に調理された心尽くしのお料理の美味しさ。一生懸命薪で炊いてくださったお風呂のあたたかさ。 そして、自分の心との格闘。 この春、思いがけない形で失業という転機を迎え、今後の人生の見通しが立てられずにいました。