コースの案内(詳細)

まず、7日間~10日間という研修期間の設定(基本単位)について説明します。

通常、到着日と最終日(帰られる日)の二日間のうちの大半は、移動、送迎、研修に向けての設備上の説明、荷物整理、休息などに充てられます。

よって、10日間のフルコースの場合、研修は、実質、9日間となります。

この9日間を、序盤・中盤・終盤と、3日ごとに区切って考えます。

序盤の3日間、瞑想・内観・ボディワークのどのコースの場合であれ、まず、「体調が整わない」「眠気と雑念に悩まされる」など、良くていま一つ、悪くて最低の出だしとなるでしょう。

そこをどうにか乗り切って、中盤、4日目くらいから、気がつくと「比較的楽に集中できる」「眠気も雑念も、調子の良い時間帯には治まっている」「心身ともに明晰で透明感がある」感じが出てきます。
この辺りから研修が面白くなってきます。

そして、終盤の3日間、うまくいけば、自身にとって大きな価値のある気づき、発見、自己洞察を与えられる収穫の時期― それまでの頑張りが報われる時間がやってきます。

以上のような時間的展開が、どの方の、どのコースの場合にも(程度の違いはあれ)確実に存在します。

よって、本格的な研修には、最低でも、正味7日間以上の時間が欲しいと考えます。

ある程度以上の発見・進展・問題解決を求めるなら、最低3日間の助走期間が必要であり、短い研修では、その期間を経て、いよいよこれからと云うときにコースが終わってしまうからです。

(プラス2日間は、序盤、中盤の何処かでつまずき、遅れが出たときのための予備日、確実に結果を出すための保険だとお考え下さい)


もし、それだけの期間を確保することが難しい場合には、ご相談下さい。

これまでの修行経験や現在の問題状況などをお聞きした上で、最善と思えるプランを提示させて頂きます。

研修人数

一名

すべてを、その方、御一人の必要性に応じて細かくカスタマイズし、自由度高く対応していきます。

コースの日程から、研修の具体的なテーマ、要素の組み合わせ、起床就寝時間、面接形態、食事の回数・内容、休息のリズムなど、その方のその時の身心状態に最も適したスタイルを共に探し、できうる限り満足のいく、そして結果を出せる、中身の詰まった10日間となるよう、作り込んでいきます。

* 主題や問題意識を共有できる、夫婦、カップル、友人同士などの場合には、複数人での研修も可能です。 お問い合わせ下さい。

食について

研修を成り立たせる重要な要素のひとつとして、があります。

断食、洗腸、復食、食事の量、質、内容、一日の中での摂るタイミング、そして、何よりも気づきを持って食べること、それが心と身体の双方に大きく影響します。

気づきの質・純度・強度を上げるのに食事の問題を抜きにしては語れません。

全てのコースが、食の調整と組み合わせた形で構成されています。

ただし、こちらでの研修の目的は、あくまで心身統合体としての人間存在全体に働きかけることであり、その為の効果的な手段の一つとしてとしての食の調整であり、断食・食養などを中心とは考えていません。

行いたいのは、あくまでもこころの断食・デトックスを伴ってのからだの断食・デトックスです。

しかし、いずれにせよ、は探求する価値のある重要な主題のひとつです。

研修は通常、まず到着日翌日より二日間程度の半断食をして、その後、徐々に回復食を増やしていき、最終的に一日二回の玄米菜食に落ち着くことが多いです。

ただし、食事のスタイル・内容は、研修者の方の希望に可能な限り添います。 ご要望のある方は申し込み時にお伝え下さい。

食についての研修用資料

入浴

その方の希望・体調・研修の進み具合などに応じて、毎日・二日に一回・三日に一回など、決めていきます。

特に研修序盤の三日間、入浴は修行の継続性の妨げとなりやすいので、修行の進み具合を見て調整していきます。

夏の暑い時期の水浴びは毎日可能です。

洗濯

三、四日に一回程度可能です。
お預かりして洗濯機で洗います。
毎日洗濯しなければならない事情のある場合は、お伝え下さい。

携帯電話の使用について

コース期間中は、全意識を自らに集中し、自己の心身と徹底して向き合うことが要求されます。

物理的にも心理的にも、外の世界とは遮断された状況を作り上げることで、それは容易になります。

よって、研修期間中は携帯電話の電源を切り、一切、携帯に触らないことをお薦め致します。

その際、緊急連絡先として、私の携帯番号、あるいはメールアドレスを、家族、あるいは仕事先にお伝えしておいて頂いても構いません。

仕事の都合上、研修中のメールチェックなどの必要性がある場合は、申し込み時、あるいは研修開始前にお伝え下さい。

研修所の電波状態は良好で、各社共に問題なく使用できます。

必要な持ち物

・ 石鹸、シャンプー、リンス、歯磨き等の洗面用具
・ 着替え、タオル等 「ボディワークの際の服装について」
・ 日焼け止め対策の帽子、クリームなど(夏時期)
・ 携帯電話の充電コード

選択できるコース内容

気づきの瞑想(禅・ヴィパッサナー)コース

集中内観コース

刀禅(ボディワーク)コース


アクセス(所在地情報)

研修費用・料金

主宰者プロフィール

予約状況

研修のお申し込み