問題の感覚に留まること

唯一なすべきことは、
これまでやってきた、あらゆる気紛らわせ・時間つぶし・何かやること・時間を/頭を雑事で埋めること(読書、瞑想、外出、情報収集など)を止め、あらゆる苦しみ、うんざりさ、問題の感覚から逃げることを止め、

そして、とにかく苦しくとも、できる限り何もせず、自分=問題の感覚(=苦しさ、行きづまり感、ウンザリさ、落ち着けなさ、不安、恐怖、どうしようもなさ、挫折感、劣等感、自分から逃げ出したさ、みじめさ、さびしさ、認められたさ、孤独感、イライラ、ソワソワ、情けなさ、諸々の悪感情、生の味気なさ、不満足さ、満たされなさ、性的欲求不満(性的な欲求、衝動、突き上げ)、誰かに甘えたさ、寄り掛かりたさ、目をかけてもらいたさ、認めて貰いたさ、不安定さ、刺激物への興味、逃避への欲求、の感覚)に留まっていること。

それに充分に触れ、感じていること。
それと共に在ること、そこに徹底して留まること。
その逃げ出したい衝動に留まり、それの内実を観察すること。
あるがままのもの・存在するものを観察し、それであること、それになること。

心理的問題が存在する。
  ↓
そこから逃げずに、それを無くそう、解消させようともせずに、そこに留まり、全面的にそれだけになること。
  ↓
解消・解決。

本質的には、それのみしかない。

新たな対象に逃げたくなるのに注意すること(気づいていること)。

逃げ出したさ、目を逸らしたさの欲求→逃避行為(何かしてしまうこと)につなげてしまうことなく、その不満足さ、うんざりさ、行き詰まりの実感に留まること。

何もしないことによって、虚しさの感覚・行き詰まり感、逃げ出したさをできるところまで強めること。

自分にとって、問題の感覚とは、具体的に何か?
そこから、どのように逃げようとするか?

本当に、どうしてもやらなければならない(必要な)こと以外、手を出すのは止めて、全エネルギー、全時間を、この空虚・不全感(問題の感覚)との直面に注ぎ込むこと。

新しい刺激物、興味対象に逃げる(気をそらせる)のではなく、この不全感、虚しさの感覚に徹底して留まること。

行為・情報・刺激物(対象)への逃避を止め、情報・刺激物を遮断し、その禁断症状に耐えること。

できる限り、一日何もせずにいること。
自分を追い込み、詰めていくこと。
まずは何もしないで居ることに耐えること。

※ その空虚に対する「接し方」「向きあい方」が重要である。
その空虚と同化するか、それとも逃げて気楽な刺激物へと気紛らせを続けるかで、それは覚醒への道か、それとも永久にそれなりの不満を抱えたままの生存の道かに分かれるのである。

今は、何かをやる(修行をやる)のではなく、まずとにかく、逃げることを止める
何もしないで、自分の苦しみ、ウンザリさ、行き詰まり感、何かに逃げ出したさに留まること。
今は、何かをやってしまうと、それが又、逃げになってしまうから。