実践面の共通の土台(3つのコース)

3つのコースに共通する、基礎的部分の説明。

設備についての説明→トイレ、飲水、洗面・歯磨き、タオル、窓の開け閉め、など

約束事

1 (私の側の)保守義務について
・途中でやめない誓いについて
 →開腹手術のたとえ。 途中でやめたくなることは想定内

身体的な条件

・睡眠
・食と断食
・姿勢(体の歪み)

心理的な条件

・目的意識
・理解・信
・具体的な心掛かりを片付けておくこと

◆ 身体的な条件 (フィジカル・コンディション)

1 睡眠(前半は睡眠最優先)

● 眠いとき、眠りに落ちるときは「魔の時間」
・夢の中でも内観してるよう。
・ギリギリまで内観するよう潜在意識に届くよう深く決意する。
・夢も雑念

前半2~3日は、睡眠を最優先すること

2 食事(断食)
食事の内容・回数、量、タイミング、食べ方、など。

● 断食の説明
冬眠反応・2~3日の切り替え時間 緊急モード リミッターカット
当研修所での断食の狙い・目的

3 姿勢(痛み・体幹の歪み)

・内観に適した姿勢 瞑想との違い 胎児姿勢
・耳栓(外的刺激を遮断する)
・体の痛みを避ける

総じて言えることは頭の声ではなく、身体の声を聞ける感受性を育てる・引き出す。
なので、時計を見ない、体のリズムを信じる(食事の量・睡眠など全てにおいて)

◆ 心理的な条件(メンタル・コンディション)

研修に臨んでの注意

1 問題意識・目的意識・モチベーションの明確さ・強さ
否定的なもの(苦しみから)と肯定的なもの(知的好奇心・能力開発的なもの・お金と時間のもと取ろう、というもの)がある。

2 信 方法論を知的に正確に理解し、それに正確に従うこと(正しく方法を行うこと)
・指導者と修行法に対する最低限の信頼感は必要。

3 嘘をつかないこと ごまかしのないこと、真実を語ること

1 指導者に気を使っての嘘
2 自分をよく見せるための嘘
3 自分自身を騙すための嘘(自己イメージ防衛的な無自覚のズラシ)

内観とは、自分の中の真実を調べ(見つめ・明らかにし)、
それを、そのままに(正当化も脚色もなしに)語る・伝える・話す、と云う営み。
自分にとって、その、どの部分をとっても嘘がないか、真実か、ということ。

● 身体の断食、意識の断食。
・身体の栄養→食物
・意識の栄養→雑念。思考・イメージ

禁断症状が出るのは、特に初めの2,3日。アルコール依存症のリハビリと同じ、
思考中毒。依存症のリハビリのつもりで、とにかく雑念しない。

・食について (食と断食)