ボディワークコース

ボディワーク=身体の操縦法

この身体を、如何に法則性(地球の持つ、進化の中で形成された生物としての)に沿った形で、もっとも機能的に、正しく、美しく、気持ち良く、自然に使いこなすかの探求。

それは、同時に、如何に意識・心を、正しく機能的に働かせるかの、瞑想の訓練とのセットであり、乗り物である。

◆ 構造的な力

1 骨格の構造 鉄塔 あるいはクレーン
2 筋肉の構造 伸張性収縮 テンセグリィティ
3 筋膜の構造 蜘蛛の糸、あるいは、繭

◆ 重力との適合

◆ 進化生物学的立場

◆ 気づき→気→剄→(物理的)力

心(意識)→→→→→→→身体(物質)

● 具体的技法

・クリアリング

・歩行

・ウェイトレッスン

・ 7lines(球磨バンドトレーニング)

・ ストレッチポールを使ったレッスン

・ 拍動瞑想

・ アイアインウォーク(鉄の歩行)

ボディワークとは何か?

心身統合体である人間存在に対する色々な働きかけ(ワーク)のうち、主に身体意識・身体感覚・身体イメージから働きかける技法がボディワークと呼ばれています。 身体への直接的なアプローチを通じて、心身の速やかな変容をもたらします … 続きを読む ボディワークとは何か?

身体からのアプローチ

刀禅 刀禅とは、小用茂夫先生(1950~)が開発されつつある、日本の古流剣術・中国武術をルーツとしたボディワークです。 それら伝統武術のエッセンスを現代的なかたちで再構築し、身体性に関わるあらゆる分野に適用可能な方法論と … 続きを読む 身体からのアプローチ

フェルデンクライス・メソッドとは何か?

フェルデンクライス・メソッドとは、身体の元々持っている英知・知性を、揺り動かし、呼び覚まし、充分に機能させることを目的とした、身体の脱‐条件づけ・再-教育・再-統合の技法である。 ヴィパッサナー瞑想・禅など、気づき-洞察 … 続きを読む フェルデンクライス・メソッドとは何か?

フェルデンクライス・メソッド入門書

『からだと心のマネジメント―フェルデンクライス・メソッドへの誘い』 深沢悠二著 ブックハウスHD 日本人の手で書かれた、ATMの読みやすい入門書です。 著者は、もともと禅の修行をされていた方らしく、細かな表現のしかたなど … 続きを読む フェルデンクライス・メソッド入門書

ボディ・イメージ理論について

【作成中のファイルです】 この、Awareness Movementと云う言葉は、私のなかでは、自働運動系(Authentic&Automatic Movement)の技法と哲学も含んでいる言葉です。 Awar … 続きを読む ボディ・イメージ理論について

身体イメージ障害(BID)について

身体イメージ障害(BID)と云う概念を提出したいと考えています。 人間と云う心身統合的実体(生物)において、心(意識)がカラダ(身体)を制御する際に、身体イメージ(運動イメージ)と云うものが介在しているとの認識を持ってい … 続きを読む 身体イメージ障害(BID)について

気づき系ボディワークと自動運動系ボディワークの統合

【作成中のファイルです】 気づき系(脳の上部構造、新皮質)と、活元系(脳の下部構造、爬虫類脳、脳幹など)とのボディワークの上での統合。 気づきを伴った活元運動、あるいは、気づきのなかで活元を動かす。

Awareness Movement 導入の説明の為のメモ

【作成中のファイルです】 Awareness と Movement と云う二つの単語 ・ 動きへの気づき(動きに気づく) ・ 気づきを伴った動き ・ 気づきが身体を動かす ・ 動き=身体(通身にゆき渡る、気づき) ・ 気 … 続きを読む Awareness Movement 導入の説明の為のメモ

テタニー(過呼吸による痺れ)について

テタニー、過換気症候群などついての資料を研修者の方が送ってくださいましたので、ここに置いておきます。 …… 医学大辞典や神経の本では「tetany テタニー」の日本語訳がないのですが、マヒ(麻痺)やケイレン(痙攣)とも、 … 続きを読む テタニー(過呼吸による痺れ)について