私にとって内観とは…

私にとって内観とは、まず何よりも、自分を、正確に、客観的に見る(知る)ための技術です。

私たちは通常、自分が生きて経験してきた過去の事実を脳内編集して、自分の都合の良いものに仕立て上げ、その脳内編集された「物語(おはなし)」のなかで、それを信じ、生きています。

それが、「物質的には豊かであったが、内面に寂しさを抱えて育った子供」と云う物語であれ、「虐待を受けた不幸な子供」と云う物語であれ、「有能で、魅力に溢れた成功者」と云う物語であれ…

内観は、まず、その「物語」から外に出ることを要求します。

そして、より客観的で現実に適合した、より自分が幸せで、他人にとって害のない物語へ、人生全体を編み直し、過去の記憶を再構成していきます。
その「編み直し」を、面接のなかで言葉にし、語ることを通して行なっていきます。

これが、(主に、幼少期の両親に対する内観において)研修の前半部で起こることです。

それは、「不幸物語」から「しあわせ物語」への世界(認識)の変換であり、「無いものねだり」から「あるもの探し」への心の変換です。

そして、自分に都合良く編集された過去の記憶の中から、自分の心の動き・本心・本性を、正確に、自己正当化・自己弁護無しに見直してゆく作業を通して、これまで知っている(分かっている)と思ってきた自分とは違う、もっと深いレベルでの自分自身の正体(本質)と出合うことになります。

それは、主に「嘘と盗み」と云うテーマを主題に行われる内観のなかで起こる、次の段階の自己観察・自己認識です。

物語を編み続ける自我(思考-感情)の動き自体からの脱出であり、あるがままの事実としての自分との出会い・遭遇となります。

私たちが通常、自分の顔を見よう(知ろう)とすれば、物理的にを使って、そこに自分の顔を映す以外の方法では、見る(知る)ことはできません。

もし、生まれてからずっと、鏡が無い世界に生きていたとしたらどうでしょう。

それぞれの人が、自分の願望や自惚れを元に、好き勝手に自分の顔を頭の中で想像し、多分こんな風だろうと思い込み、それを一生信じて生きていくことになります。

これは、物理的な眼に見える世界に於いては、笑える滑稽な喩えにしか過ぎませんが、こころの世界においては、それは実際に(現実に)起こっていることです。私たちは皆、その状態に居ます。

自分を映す鏡

内観は、親、兄弟、伴侶、仕事の人間関係など、(具体的な)他人や環境と云う対象をとして、その、見難い「自分自身のこころ」を見ようとします。
その関係性のなかでの自分の言動(言葉や行い)が、言い訳しようもない形で関係の鏡のなかに映し出されます。

そこには、これまで見てこなかった自分の素顔、内面的な、あるがままの顔が映されます。
それは多くの場合、幻滅をもたらすショックなものですが、自分の本当の顔・姿を正しく知ること(正確な自己認知)から、はじめて正しい身の処し方(今後の生き方)が出てくるのであり、思い込みに基づいた人生行路など危険なものでしかありません。


また、自分を正確に知るためには、内的な視力も必要です。

もし、眼が悪く、外界の物事がはっきり見えていなければ、見間違いや勘違いが多くあるように、自分の内的な心の動きも、(仮に、関係の鏡に映し出されたとしても)内的視力がなければ、正確に見・知ることができません。

その視力がない限り、「自分は、これこれこういう人である」「自分の内面はこうである」「自分はこういう気持ちでそれを行なった」などの自己認識が、「見間違い・勘違い」「自己正当化による事実誤認」である可能性も、あるいは「自分に対して、巧妙に偽装され、隠された嘘」である可能性もあります。

内観は(そして、ヴィパッサナー瞑想は)、その内的視力を高めるための体系だったトレーニング法です。


内観は、自分の、より深い内面を、正確に見・知るための技法・訓練法であり、その正確な自己認識から、適切な生き方、身の処し方が出てきます。

若い、将来のある方の人生の方向探し・自分探しに、
病気でもう先がない、人生の総決算を控えられている方に、
就職の前に、転職の前に、結婚の前に、離婚の前に、

内観は、人生のどのようなタイミングであれ、「いま、この時に、やって本当に良かった!」と思えますし、また、常に適切なタイミングで機会が巡ってくる不思議な技法でもあります。

一人でも多くの方が、この日本発祥の心理療法-気づきの行である内観に触れられることを願っております。

私にとって内観は、知っている限り最高の(最も有効な)平和運動でもあり、人類の平和へ向けての活動でもあります。

ぜひ、体験されてみて下さい。

自分を知るのは怖いけど、
知らずに死ぬのは、なお怖い。
自分を知るには、内観が近道です。

大人になる修行

内観は、「大人になる修行」なのだな、と感じます。

子供が大人になる。

大人とは、相手の立場から、物事が見えること。
自分の気分と違う、相手の気分を察することができること。

例:たとえば、今、自分は、最高にハッピーで、ウキウキしているかも知れない。
しかし、そのウキウキしている私の前にいる相手は、失恋してどん底の気分の中にいるのかも知れない。

「相手の立場に立って、物事を見、考えることができる人」を、私たちは、人格者とか、人柄が良いとか言うのですが、それが、今、ここで云う大人と云うことです。

これは一種の通過儀礼のようなもので、それを通り抜けると、それまで子供の視点から見ていたお父さん・お母さんが、自分と同じ、悩みも欠点も持った一人の人間(人格)として見れるようになります。
そのとき、内面での和解があり、大人の人格同士としての関係や交流、会話が可能となる道が見えてきます。

擬似臨死体験としての内観

臨死体験の際に起こる「過去のパノラマ的回顧(ライフレビュー)」は良く知られていますが、内観は、これを一週間以上の時間をかけて(人為的に)ジワジワと起こす作業だと言えます。

それによって過去の自分の死と、新たなる自己の再生が起こります。

内観後の人格変容(行動変容)と、臨死体験後のそれには共通性があります。

ただし、この人格変容は、前世・輪廻などの実在性を前提とはしません。

臨死体験 – Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%A8%E6%AD%BB%E4%BD%93%E9%A8%93