はじめに

Art of Awarenessとは、私たちが生きていくなかで出会う、様々な悩み・痛み・苦しみから、自らを解放し、自由になるため編まれた、気づきの技術の体系(トレーニングプログラム)です。

それは、禅・ヴィパッサナー瞑想・内観など仏教の各流派が、あるいは東西の身体技法の各伝統が、時を費やし、磨き上げてきた、身体/心理的技法の現代的な抽出物(精製物・蒸留物)であり、来るべき世代への大いなる贈り物のひとつです。

気づきの源泉

決して枯れることのない、決して澱むことのない気づきの源泉が、時代や文化を超え、私たち・存在の奥底に渾々と湧いています。

歴史上、ある人たちは、その源泉に至り、自ら喉の渇きを癒しました。

それだけでなく、彼らはそれを汲んで持ち帰り、自らと残る人々のため、気づきの教え(実践理論)を作りあげました。

多くの教えの流れ(伝統)が生まれ、様々な変転を重ねながら現代まで伝わりました。

いま、歴史の末端に存在する私たちすべての眼前に、それら、過去の集積のすべてが、開き、置かれています。

オープンシークレットとしての真理

しかし、それらは「開かれた秘密」として存在しています。

何も隠されていないし、何も秘められていない― しかし、その全ては、不念・不注意(ぼんやりさ、うっかりさ)の状態にある私たち・日常意識にとっては、埋め隠された真実としてしか存在しません。

それはまるで、普通の文書に偽装された(宝の在り処の)暗号文を、そうとは知らず扱っているようなものです。

すべては、この表面、この表層に、あるがままに剥き出しで現成している。

しかし、それは、いまの、この、自我-思考モードで働いている私たちには見えない(読めない)のです。

その、開かれた秘密の扉を開くため、その透明な暗号を解読するため、ある鍵が必要となります。

気づきと云うマスターキー

それは、磨き上げられ、結晶化された、私たちの内なる”気づき”、そのものです。

そのマスターキーを使って初めて、オープンシークレットの、教えの扉は開きます。

そのとき、教典や指導者など、他人の言葉を通してではなく、直に、その源泉に通う道行きが始まります。

そのとき私たちは、どんな問題の解決も、他に、未来に、方法に求めることはしないでしょう。

答えは常に、現在に、そして自らの気づきのうちに存在すると知るからです。


たとえ、それがどんなものであれ、いま現に存在している事実(不安・不満・痛み・苦しみ)に留まり、それを変えよう(無くそう・離れよう)とすることなしに全的に気づいていること。

それは、事実が自然な仕方で花開き、真理へと変貌していくのを助けます。

気づきのアートの美しさが、そこに存在します。