死を見据えて生きる

念々死を覚悟して初めて真の生となる。

死期を覚悟して、この一日を生きん。

自分は死をみせつけられぬと真剣になれない人間らしい。

「今日」に生きよ、
計画を今日以上に延ばすな、
明日は死んでもよいだけの仕事をせよ。

「死」の土台の上へ、自分の生活を築きたい。

まことに、弱いということは或る意味で罪悪である。
「死」を背中にしょってやってみるのだ。
一かバチか捨て身でゆくのだ。
自分を全部投げ出してしまえば、
そこではじめて強いも弱いもなくなる。
その全部というのが難しい。
いこじでも自棄でもない、
真正面から、毛ほどのすきもない 捨て身である。

死の観念は我々の心を浄化してくれるだろう。
「死」を自分の前にはっきり据えたとき、はじめて自分のぎりぎりの生が見えてくるのではないか。
つまり自分の本音の存するところ、心からの願いがみえてくる筈だ。