『紙の動物園』 ケン リュウ

刀禅の先輩のお話で存在を知った作者の短編集ですが、読んでみて、驚きました。
数年前の、テッド・チャン以来の驚きでした。
これは、読まなきゃ損というレベルの作品ですね。
何というか、「テッド・チャン以上にテッド・チャン的」と感じさせる作品もあって、堪えられない一冊です。
久々に、純粋な読書の楽しみを味わえました。ありがとうございました。


紙の動物園 (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) | ケン リュウ
紙の動物園 (ケン・リュウ短篇傑作集1) | ケン リュウ
もののあはれ (ケン・リュウ短篇傑作集2) | ケン リュウ
ケン・リュウの『紙の動物園』は現在最高のSF小説集だと思う。 – メモリの藻屑、記憶領域のゴミ
【今週はこれを読め! SF編】しっとりした情緒、先鋭的テーマ、知的ギミック……さまざまな音色を響かせる名手│NEWSポストセブン