KOSMOSの覚書

先ほど調べ物をしていて、たまたま見つけたのですが、
こちらのブログ、なかなか面白いです。
趣味が私に似ています。

KOSUMOSUの覚書/ウェブリブログ

印象的だった文章。

「それに悲しみには、幸福感の中には絶対ありえないような一種の深さがある。 幸福感の中には何か浅いものがある。 笑いはきまって浅薄な感じがする。 涙は常に深い感じだ。 もしあなたがいつも幸福でありたかったら、あなたは浅い人間に、表面的な人間になるだろう。 ときには、悲しみの深みに、暗い深み、陰うつな深淵に落ちることも善いことなのだ。

両方とも善い。 そして人は、この両方の内に全面的に在るべきだ。 何が起ころうとも、その中に十全に入っていきなさい。 泣くときには、泣くことそのものになるがいい、踊るときには踊りそのものになるがいい。 そうなったら究極なるものがあなたに起こる。」

「もしあなたが、あなたに起こることすべてに対して証人であることができたなら、そのときにはあなたは家(ホーム)に戻ったということだ。」

これはOSHOの言葉だそうです。

ケン・ウィルバー – Wikipedia