自然はそんなにヤワじゃない

『自然はそんなにヤワじゃない―誤解だらけの生態系』

この本、図書館の棚に並んでいたので、なんとなく借りてみたのですが面白かったです。
生物多様性の保全、環境問題などに関わる内容です。

読書の楽しみとは、新たな知識を更に増やす(上に積む)ことにではなく、
「信じている」とすら自覚していないほど自分にとって当たり前であった「知っていること ・ 自明のこと」があっさりと崩され、「知らなかったこと」に変貌する、「新たな仕方で見える」(ダルマ落としのように、重なって安定しているものをゴソッと抜かれる)、そこに読書の楽しみがあるのでしょう。
これは内観 ・ 瞑想など含め、生における体験全般に言えることで、プラスではなくてマイナスの、引き算の体験、そして認識の転換の体験に、ある程度の年齢がいってから先の、生きてることの楽しみ ・ 快感があるのでしょう。

書評
書評「自然はそんなにヤワじゃない」: 森林ジャーナリストの「思いつき」ブログ

文明論として、この本も連想しました。

『銃・病原菌・鉄〈上巻〉―1万3000年にわたる人類史の謎』

その他、関連しそうなもの

なぜゴルフは嫌われてしまうのか?

『害虫の誕生―虫からみた日本史』 (ちくま新書)

『「自然との共生」というウソ』

『シリーズ・地球と人間の環境を考える』