被災地の貴方へ 11

被災者の方の心的健康維持について書きます。

現在既に、パニック発作(不安神経症)などの心的不調に周期的に襲われている居られる方は多いでしょう。

パニック障害は、分かりやすく言うと「不安神経症」「不安発作」です。

私たちの感情を左右しているのない伝達物質の代表的なものにセノトリン、ドーパミン、ノルアドレナリンの三つがありますが、パニック発作は、このうち主に「アドレナリン」の(心身の強いストレスによる)一時的な代謝異常によって起こると言われております。
「アドレナリン」は、自然界に於いて、野原でいきなり捕食動物に出会ったときのような(ウサギが、ライオンに出会ったときのような)身体の危機的状態に一気に放出され、闘争・逃走反応(fight or flight reaction)と呼ばれる、心拍数、筋肉への血液流入量、呼吸数、血圧、代謝増加などの増加を起します。
そうして、戦うか逃げるかに適した状態を体の中に作りあげる、自然な反応が起こります。

ストレスが心身に及ぼす影響 

PTSDの発症に関係する神経系・内分泌系の『闘争‐逃走反応』と罪悪感・自責感を生む“凍りつき”の問題http://charm.at.webry.info/200907/article_1.html
パニック障害の場合、その警報ベルが、心身の強いストレスによって一時的に故障してしまい、現実の外界には危険がないのに、ベルがしょっちゅう鳴ってしまう感じに近いです。

火事はないのに、心の中に煙が立ち、その煙を見て、心の中の消防車が大騒ぎしながら走ってきて、でも頭はおかしくなっている訳ではないので、「そもそも火事は起こっていない」ことも分かっており、その自分の心の異常さに、狂ったのではないかと怖くなり、その恐れが、より警報ベルのスイッチを入りやすくする、と云う悪循環が起こります。

これは、パニックの渦中にある貴方にとっては、信じられないほどの絶望と恐怖であり、正直、死んでしまったほうが楽なくらいの恐れでしょう
そして、現実(外界)が、こんな大変な状態であるからこそ、それを、よけい人に訴えられず、ひとり悶絶しているのではないかと思います。

パニック障害
http://www.fuanclinic.com/byouki/a_01.htm

私に書けるアドバイスを書きます。

1,

いま、どれほど酷くてもPD(パニック障害)は、治ります。収まります。
ただ、パニック発作を繰り返すことはまずいです。繰り返せば繰り返すだけ、脳の癖になってしまい、引きずります。
ですので、どうにか発作を起さないで、脳を沈静化させることが必要です。

2、

まず、迷わずに、お医者さんに訴え、抗不安剤を貰い、発作が来そうなとき飲むことをオススメします。
もし、貴方が、これまで、そういう薬をあまり飲まないで来られた方なら、非常に効果があります。
依存性、副作用などを心配することはありません。現在の処方薬は、進化しております。
ただし、何ヶ月にも渡って、日常的に飲み続けることはオススメできません。
まず第一に「耐性」というものがあり、頻繁に飲めば飲むほど、いざと云うときの効き目が悪くなってきます。
また、何ヶ月か飲んだ場合、それをやめるときの「耐薬症候=離脱症状」と云う不快な症状(身体の依存症)が出てきます。

しかし、それらを理解した上でも、いまは、薬による援助を受けるべきときだと思います。

もし貴方がこれまで瞑想や精神世界や自然食や、そういうものに取り組んで来られた方ならば、いざとなって、これまで嫌ってきた西洋医学的なものに頼るのに抵抗感を感じられるかもしれません。
しかし、そんな感情は放っておいてください。一度や二度の見性体験や宗教体験など、大した役には立ちません。素直に、西洋医学の助けを借りてください。
もし、自然が、神が、「薬物による心理的安定」を認めておられないなら、そんな薬が効くはずないのですから。効く薬があり、貴方が何時間かでも内的に寛げる、休息時間をもらえるなら、それは神様の恩恵だと思います。
後ろめたく感じることも、また過剰に薬を恐れることもなく、使ってください。
始めの薬が合わない場合は、お医者さんにそう伝えてください。
同じような用途を持った、幾つも薬があり、まずやるべきことは、どの薬が合うか見極めることですので。一回で諦めないで。


パニックには、一気に糖分などを身体に入れること、カフェインなどが悪いといわれています。
私自身も、そう感じています。
ですので、空腹状態から一気に、沢山の消化にいい物を食べたり、
疲れて砂糖が沢山入ったコーヒーを飲んだりするのは避けたほうがいいと思います。


パニック発作が起こってしまったっ場合。

発作は、どんな長くとも、かならず30分以内で収まります(ピークを過ぎます)
ですので、「やばい、来そうだ」と思ったら、まず、人の居るところを離れて一人になって、
その圧倒的な恐怖感を認めます。高いところ、屋上などに行っては駄目です。(この恐怖に堪えるくらいなら死んだほうがましだと思って、飛び降りたくなり、そんなことを考えている自分に恐怖してしまうからです)
もし可能ならば、自分の現在の状態を理解してもらえているひと見ておいて貰えると、心理的には楽ですが、それも難しいかもしれません。

そして、可能なかぎり安全な場所で、ひたすら耐えます。
もし貴方が、ガンガジとか、クリシュナムルティとかを読んだことがあるのなら、その恐怖それ自体に飛び込み、堪えて行ってください。パニックの最中であれ、話は何も変わりません。恐怖の根源に、極限まで純化された恐怖そのものに向き合っているのです。もし、それに堪えられたなら、それより恐ろしいものはありません。貴方が今感じている「これ」は、現実界に何の対応するものもない、脳の中の恐怖だと云うことは忘れずに、とにかく30分間は耐え抜いてください。一回耐え抜くごとに、貴方の心は強くなり、その限界状況を見ていることができるようになってきます。


パニックから一時でもいいから解放されたいとの思いから、
お酒を飲むことを始められるかもしれません。
それを私は間違ったこととは思いません。
お酒の助けを借りてください。
それは確かに心を一時的にであれ、休め、寛がしてくれます。それは一時の救いです。

しかし、何ヶ月かに渡って長期的に考えたとき、アルコールの常用はPDを悪化させます。
このことは頭に入れておいて下さい。


もっとも効果ある健康管理は、睡眠を安定して取ることです。
これは、PDだけに関わらず、全ての心的障害に言えます。
故に、何か少し自分の精神状態がおかしいと感じたら、熟睡することです。
今の現状では、安心した睡眠など取れっこないじゃないか、と言われるかもしれませんが、それでも尚、睡眠を優先するべきです。昼間の仕事で頭が興奮して、とても眠れないと云うなら、少量のアルコールによって、心を緩め、眠りを呼ぶことも有効でしょう。


今がどんな地獄であれ、苦しくあれ、事実は、良くも悪くも変わります、展開します。
今のこと状態が永遠に続く訳では在りません。

いまのこの地獄、煉獄をくぐったあと、
開けることがないと感じられた夜が明けた後、
(夜が明ける直前、夜の闇は一旦更に深みを増します)
貴方が生き延びられれば、別の、これまで見たことのない風光(景色)が見れます。
それは、死後の、末期の風景かもしれません。
何なのかは分かりません。
しかし、それは貴方にとって無駄なものではないでしょう。