被災地の貴方へ 12

身体のケアについて

現在、日々の避難生活、片付け作業で、体中が傷と打撲傷だらけで、
首、肩、背中、腰などはガチガチの状態であられると思います。

そのようなときには、お酒の一杯でも飲んで、ゆっくりお風呂につかるのが私たちが自然に身につけているリセット法、疲れへの対処法なのですが、現在、それもままならない状態であろうと思います。

私が今思いつくかぎりでの、
被災地で可能な身体のリセット法・緩め方・手入れの仕方について書いていきます。

まず、即効性がある技法としては、胴体力(伊藤昇氏開発)の2人組みの抵抗運動が思いつきます。
これについて、言葉で説明するのは難しいので、どうにか動画を作ってみたいと思います。
本で言えば『胴体力入門』に書かれています。手元に二冊あり、送付できます。

私が期待することは、フェルデンクライス、アレクサンダー・テクニック、ロルフィング、胴体力、その他の、有効性を持ったボディワーカーの方たちが、今回の被災者のために、動画や無料配布のDVDなどで短時間で可能な簡易な運動・体操を無料配布されることです。
それぞれが持っている、とっておきの技を提供できれば、過酷な状況で作業されている多くの方の助けになると思います。

ウチから出せる「とっておき」の技法は「クリアリング」と云う技法です。即効性あります。

これは、言葉で説明するのは難しいので、できるだけ早く動画でとってアップしたいと思います。