禅の立場から

不動心とは、揺れている外界に逆らって、自分の身体を揺れないように保つことではなく、揺れそのものと一つであること、それに逆らう自分と云う塊(実体)のないこと。そのとき揺れる-揺れないを超えた、不動の一点が現れる。

—–

(良寛が文政十一年三条の大地震の際に、与板の山田杜皐あて書いた手紙)

地震は信に大変に候。

野僧草庵は何事なく、親類中、死人もなく、めでたく存じ候。

うちつけにしなばしなずてながらえて かかるうきめを見るがわびしさ

しかし災難に逢う時節には、災難に逢うがよく候。
死ぬ時節には死ぬがよく候。

これはこれ災難をのがるる妙法にて候。

かしこ

誤解される良寛
http://www.ne.jp/asahi/sindaijou/ohta/gendaijinnozen/fl-ryoukan/ryokan01.htm

災難に逢う時節には災難に逢うがよく候。 煩悩寺の変

—–

滅却心頭火自涼
http://www3.ic-net.or.jp/~yaguchi/houwa/hionozukara.htm