宗教ジョーク

 宇宙を創る前、神は何をしておられたのですか?

そういう質問をするやつの為に地獄を作っておられました。

「カルトの歌」

カルトを愛する人は 心清き人 清き心を改造された ぼくの友だち

カルトを愛する人は 心強き人 岩のような信心貫く ぼくの父親

カルトを愛する人は 心深き人 隠して騙して結婚迫る ぼくの恋人

カルトを愛する人は 心広き人 知らないうちに 信者登録 ぼくの母親

宗教はトイレのようなものである。
用を足すためには、一部であれ自分の内部をさらさねばならない。

ある日のこと、一人の男が地獄に到着し、悪魔に出迎えられた。
悪魔はいくつかの罰の中から一つを選ぶことができると説明。
これからそれぞれみっつの部屋を案内するという。

第一の部屋では、若い男が、鎖で壁につながれて、ムチで叩かれ、皮膚が破れ、肉が裂け、血にまみれ,傷口はウジがおおい尽くし、痛みと恐怖で叫び続けている。

第二の部屋では、中年の男が、永遠の業火で火あぶりの永遠に続く刑を受けている。

第三の部屋では、年老いた男がゴージャスな金髪女性に全身をお口でやさしくご奉仕してもらっている。

「これにします」と、男は瞬間的に声をあげた。

「よし」
悪魔はそう答えると、金髪女性に向って歩いていき、
「オーケー」と言って彼女の肩をポンと叩いた。
「もう行っていいぞ。お前の代りが見つかった」

五月の或る日のこと、さわやかな風が吹き渡る中、どこまでも長く延びている農道で甚平は、道路の端をリヤカーひく人のよさそうなおじいさんに出会った。

「おじいさん。何を運んでるの?」
「これかい?これは、牛の糞だよ」

「それ、どうするの?」
「これから牛の糞を畑まで運んで、それからイチゴの上ににかけるんだよ」

「ええっ!おじいさん、いいから、そんな事しないで、うちへおいでよ」
「ん?、どうしたんだい?」

「おじいさん、かわいそうに。イチゴを食べるとき、うちじゃぁ、イチゴにミルクをかけるんだよ」

友人が知らないオバサンに、ある宗教の勧誘をされたときの話

オバサン 「正しいモノはいつか必ず正しいと証明されるの、その証拠にね、NASAってあるでしょ? そのNASAの実験結果なんだけど… 宇宙の電波キャッチしてその波動を研究したところ、これ、信じてもらえないかもしれないけど、宇宙の電波ってね、南妙法蓮華経って言ってるの。」

—–

宗教ジョークを作ろう
より