誰かの言葉

人生とは、人前でバイオリンを弾きながら、しだいに腕を上げてゆくようなものである。

人間の仕事というものは、それが文学であれ、音楽であれ、絵であれ、建築であれ、そのほかなんであれ、常にその人自身の自画像である。