念々止まらず…

念々止まらず、日々遷流して無常迅速なること、眼前の道理なり。知識経巻の教えを待つべからず。
只念々に明日を期することなく、当日当時ばかりを思ふて、後日は太だ不定なりと知り難ければ、只今ばかり在命のほど仏道に随はんと思うべきなり。

『正法眼蔵随聞記』より