ボディワークコース

このような方にお薦めできます

身体に関する慢性化した問題(痛み、違和感、不調、ケガの後遺症など)を抱えておられる方。

身体表現・武術・治療・ヒーリングなど、身体性に関わる世界に身を置いておられる方。

坐禅・瞑想・マインドフルネスなどに取り組んでおられる方。

意識の座(土台)は身体であり、身体意識を高め、体幹を整えることは、気づき-意識そのものに、大きな変化をもたらします。

アスリートの方の本格的なトレーニング場として。

トレッキング、トレイルランニング、砂浜での訓練などが可能です。サンドバッグ、ウェイト、吊り輪などトレーニング器具も揃えてあります。

ヒトと云う生物の特殊性

ヒト(人間)とは特殊な生き物で、背骨(脊椎)を重力と平行に縦に合わせ、直立して暮らすことが常態化した動物など、地上には、そう居ません。

脊椎動物の進化『美しく立つ-スポーツ医学が教える3つのA』より
『美しく立つ-スポーツ医学が教える3つのA』より

それは、背骨をからにすると云う、進化の成り行き上起こったボディプランの大掛かりな変更を経験した、ヒトと云う種特有の特殊な事情であり、それが故に、ヒトは、生まれたまま、自然なままでは、うまく身体を使えません。

まず、立ち上がり、歩くことを、それぞれが時間をかけて学び、また、歳を重ねるとともに、重力との不適合という問題を、生活の様々な場面、身体の色々な部分で感じるようになっていきます。

そこに、この身体というハードウェアを、生きて動いている間、苦痛なく― あるいは、もっと上手く、優雅に、洗練されたかたちで― 使いこなすための制御ソフトウェアの更新(バージョンアップ)であるボディワークに取り組む意義や価値が存在しています。

直立して生きる(立ち・歩き・座る)ということは、私たちにとって、未だ「進化史上の未解決の問題・大いなる課題」としてあるのです。

『骨から見る生物の進化』(河出書房新社)より
『骨から見る生物の進化』(河出書房新社)より

グラウンディングとセンタリング

グラウンディング、あるいはセンタリングと云う言葉は、身体に関わる領域のみならず、心理的な世界に於いても、よく聞かれます。

地に足が着いていない」「軸(中心)がない」と言われれば、それは単に身体の状態を指すだけでなく、その人の(意識を含めた)存在全体を指すものとして理解されます。

それを言葉通り、まず身体の次元において実現すること。

わが質量・位置エネルギーを、狂いなく、地球の中心まで届けること。

身体を重力に適合させ(重力をプラスに使いこなし)、動き、歩き、生活すること―

それは、井戸掘り(ボーリング作業)に似て、自らの中心(軸)を鉛直線上に正しく配列することができたとき、その質量は翻って上昇し、天を支え、身を天地一杯に開き破ります。

そこには、重力との適合を果たした末の、反-重力的な自由があります。

根を養い、幹を育てるボディワーク

を見るとき、私たちは通常、花や実に、あるいは枝や葉に目がいきます。

しかし、それを支えている膨大な部分― 根や幹を見ることはしません。

しかし、身体の分野において、重要性は、まずなりよりも、幹(体幹)と、それを支える根(股関節・足)にあります。

自らの存在の根と、そこから立ち上がる明確で靭やかな(幹)を打ち建てること。

その根の深さ幹の強さこそが、身体の厚みであり、存在の深みであり、枝葉の運動には至りつくことのできない本物の動き・働き・現れが、そこに存在します。

また、真の意味での健康も美しさも、そこに姿を現すのでしょう。

それは、直立した脊椎動物であるヒトにとって、根源的な整体法・養生法・健康法となりうる取り組みです。

Deep Movement – 身体の深部からの動き

それは、通常の、身体末端の可動性や加速性の大きさ、動きの分節化の組み合わせによる、「どう、早く、大きく動くか」「どう外に表し、表現するか(見せるか)」に主眼をおいた「表出する(現す)」系の身体訓練とは異なった方向性を持ちます。

そこには、動きを拮抗させ内向させることにより更なる深みを目指す、「沈潜する(現さない)」方向性があり、そのなかに、瞑想とも近しい、ある味わいが生じてきます。

私の身体的(カラダの)履歴書

最後に、研修コース主宰者である私自身の身体的な履歴書、身体面でのこれまでの歩みについて書かせていただきます。

私の関心は、元々、坐禅や瞑想にありました。

23歳のとき、禅宗の臘八大接心(ろうはつおおぜっしん)と云う、一週間、横にならず寝ないで坐禅をし続ける厳しい修行を初めて経験したときのことです。

中盤から、自分の身体に強い違和感を感じ始めました。

坐中、背骨左側沿いに強烈な不快感・違和感・痛みのようなものが現れ、それがつきまとい、何をしても無くならない状態になりました。

そこからの数年間、その問題に苦しめられます。

徐々に、坐っているときだけではなく、日常生活でも、横になって寝ているときですら、そのベタっと張り付く強烈な違和感・大きな虫が這い回っているかのような不快感は消えなくなり、不眠、冷え、慢性的な消化器系の不調など、他の様々な症状にも悩まされるようになっていきます。

それは、もっとずっと後になって理解することですが、小学校高学年のときに起こしてしまった事故による、右目の怪我が原因の身体の極端な認識のズレに起因するものでした。
自分では、それを「身体イメージ障害」と呼んでいます。

その問題の解決を求め、色々な治療法に手を出しますが、どうにもならない状態は続きます。

27歳のときから数年間、京都のダンマバーヌゴエンカ師の系統のヴィパッサナーセンター)に通うようになります。

それと同時に、フェルデンクライス・メソッドのATM(Awareness Through Movement-動きを通しての気づき)を知ります。

最終的に、この二つが自分のなかで組み合わさったことにより、「何をしても、どんどん痛み・違和感がひどくなり、状態が悪化していく」と云う、絶望的な、光の見えない状況からの脱出口が示されることとなります。

* 同時期に、アレクサンダー・テクニックにも出会っています。
通算で二十回程度のレッスンを受けましたが、当時の私の生活環境上、そう継続的に通えず、その理論と技法には、とても惹かれつつも、自身で独習できるATM+ボディスキャンと云う組み合わせを選ぶことになります。

しかし、アレクサンダー・テクニックに対する関心や親近感は、いまも変わらなく持っております。

人に頼らず、自身の気づきによって、この自分の陥っている深刻な状態から脱出できる、と云うのは、当時の私にとって、最大の希望であり、救いでもありました。

* その後、コンティニュアム・ムーブメントホロトロピック・ブレスワークと云う、自働運動(活元)的なボディワークとも出会います。

非常に大きな影響と助けを受けましたが、それらは外部に明確な基準を持たないため、かなり強烈な自分で認識できない歪み・癖(自身の内部の狂った基準・ものさし)を持っている私の場合、それだけでは長期的に自分の外に出ることができず、補助的なものに留まりました。

そうしているうちに、40歳を過ぎて、刀禅と云う、武術にルーツを持つボディワークに出会います。
その方法論と実際の整体効果に感心し、数年間、熱中して取り組みます。

当時、私は、一年前のギックリ腰の後遺症で、腰部の極度の脆さ・不安定さを抱えて生活していました(いわゆる、腰に爆弾を抱えている状態でした)が、その問題を刀禅錬功への取り組みによって解決します。

その後、胴体力肥田式強健術と云う、同じく武術的な要素を持つ体系に惹かれていくこととなります。
(実際に、この二つのボディワークに出会っているのは、もっとずっと若い頃なのですが、自分にとっての重要性を再発見したのは、ごく最近のことです)

* 胴体力に関しては、幸運な成り行きから、この三年間、そのコンセプトを集中して学ぶ機会を持つことができ、それによって認識を新たにしました。

* 肥田式強健術については、26歳のとき、佐々木了雲先生のところに数日間お世話になり、限られた時間のなかで、中心鍛冶法を中心に、最低限のものをご教示いただき、最後にステンレス製の特製鉄棒を授かり、帰りました。
本当に、とても良くしていただき、そのご恩は忘れられません。

しかし、習い戻ってきてから一週間で、腰の調子を一気に悪く・不安定にしてしまい、その恐怖から、その後20年間、強健術は封印することとなります。
思うに、肥田式強健術は、それ自体が、歪んだ体を整える整体的な部分よりも、ある段階以上の身体の整いを既に実現している人間のための最後の微妙な調整と云う面を強く持っており、当時の歪みまくった身体を持った私には、どう考えても準備不足で早過ぎたのだと、今は理解しております。

これら三つは(非常に簡略化して言うならば)、日本発祥の(高い独自性をもった)体幹トレーニングであるのだと思います。
また、その具体的実践においては、それぞれ決して似ている訳ではなく、対極的な錬功・修練法でもあります。

現在の私は、これら三者の作る、対立し拮抗する三角形の真ん中の、異質的両極が切り結ばれた、その先に、私にとっての最終的な身体的真実が存在しているのではないか、との予感をもって、探求・実践に励んでおります。

そして、それは、そもそも私の修行のはじめにあった、臨済宗系の丹田禅にも非常に近しいものであるように感じています。

自分のような、元々劣った身体的資質の人間に、この道が、どこまで進めるのかは分かりません。
しかし、ここまで来たからには、自分に残された時間を使って、見られるところまでの風景を見てから死んでいきたい― そう思わせるだけのものが、この身体的探求には存在します。

最後に

現在、私が提供することができる技法とは、ヴィパッサナー瞑想(ゴエンカ氏のボディスキャンやマハーシの身随観)、フェルデンクライスのATMなどによって開かれたカラダの感受性・身体意識・身体に対する気づきを伴ったうえで行う、刀禅・胴体力・肥田式強健術の影響を色濃く受けた体幹トレーニングであり、それによって行住坐臥の全てに渡り持続する「実(じつ)なる身体」禅的な動中工夫・即念工夫、ヴィパッサナー瞑想の身心の随観、クリシュナムルティ云うところの「絶え間なき気づき」をも実現しようとする、心身総合的、瞑想/ボディワーク統合的な実践であると言えるでしょう。

それは又、まず体幹の意識を強め身体の健全な部分を強化することによって、問題となっている病的な部分(末端)を変え・整えていく、本質的なアプローチでもあります。

これをお読みになり、もし興味を持たれましたなら、ぜひおいでください。共に探求して参りましょう。

* 私が、これまで学んできた身体系の技法については、「身体からのアプローチ」を、ご覧ください。

コースの詳細案内

アクセス

研修費用・料金

主宰者プロフィール

予約状況

研修体験記

お申し込み


気づきの瞑想(禅・ヴィパッサナー)コース

集中内観コース

アウェアネス・リトリートセンター(気づきの研修所)

船江 霊基(ふなえ れいき)

awarenessism@gmail.com

080-9511-6273

Google Mapで見る