伝えたい中身と表現力

読んでいて、上手な(学びたい)言い回し・表現力だなーと感じました。

—–

「スペースまほろば」HP から

目覚めのプロセス自体は数年から十数年にわたって続く可能性がありますが、プロセスが深まり、すべては自分の内側にあると同時に、個別の実体としての自分というものは存在しないのだ、ということが十分に理解されたとき、宇宙全体があなたの教師となり、特定の教師、特定の技法は必要なくなります。
宇宙そのもの、存在そのものがあなたを導くようになります。
このセラピーはそこにたどりつくまでの道しるべのようなものだと考えていただくといいでしょう。

その深化と統合のプロセスを、一人一人のニーズに応じて、この世界の中での生活とのバランスをとりながら体験していく道を的確にサポートしていきます。

人間の存在にホリスティックに関わる技法には多くのものがあります。
どの技法が他の技法よりも特に優れている、ということはないように感じます。
ただ、その人にあった技法と、あったセラピストは存在します。
わたしは、常にわたし自身でいることで、みなさんの癒しと成長のサポートをしていきたいと考えて います。

「意識の目覚め」「悟り」といったようなちょっと大げさに聞こえる言葉も、実は、苦しみから解放されて楽になるということと同じことを表現しているのだ、ということを今回のグループで再認識したので、初心に返るような気持ちで、スペースまほろばを始めたときからの一番大きなテーマである「楽に生きる」という表現をサブタイトルにしてみました。